東尾理子、長男がフラッシュ暗算で準四段を取得 「息子、未知のエリアに」

東尾理子が、長男・理汰郎くんがフラッシュ暗算検定で準四段を取得したことを報告。ファンから祝福が寄せられた。

2022/09/28 17:45

東尾理子

プロゴルファーでタレントの東尾理子が28日、公式インスタグラムを更新。長男・理汰郎くんの暗算能力が「未知のエリア」に達していることを明かした。

【画像】理汰郎くんが準四段を取得



 

■「未知のエリアに」と報告

東尾は、「息子、未知のエリアに入られてます」とつづると、1枚の画像を投稿。写真に写っているのは、理汰郎くんの「フラッシュ暗算検定試験」の段位認定の賞状で、「準四段」と段位が記されている。

現在9歳の理汰郎くんは、野球やサッカーに取り組む一方でそろばんも得意としており、先月には、東京都の珠算選手権大会の4年生以下の部で3等を獲得していた


関連記事:東尾理子、すみれの第一子出産を祝福 子供たちも赤ちゃんを抱っこ

 

■初級から20段まで

フラッシュ暗算は、コンピューターの画面に表示される数字を、頭の中にそろばんのイメージを描いて、そのイメージしたそろばんで計算する暗算法。

日本フラッシュ暗算検定協会の検定試験は、初級から20段までのレベルがあり、9歳での準四段取得はかなりの難易度のようだ。

みんなでフラッシュ暗算DS【Amazonでチェック】

次ページ
■ファンから驚きや祝福の声
Instagram長男そろばん東尾理子石田理汰郎フラッシュ暗算検定
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング