倉持仁医師、コロナ後遺症で握力低下の患者を例に問題提起 「根っこに…」

倉持仁医師が、新型コロナの後遺症について言及。周知が滞っている問題点を指摘した。

2022/09/29 14:15

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

インターパーク倉持呼吸器内科院長で呼吸器専門医の倉持仁医師が29日、自身の公式ツイッターを更新。新型コロナウイルスの後遺症についての発言に反響が集まった。

【ツイート】コロナ後遺症に「当たり前のことが知られていない」



 

■後遺症で握力低下も回復

倉持医師は「コロナに罹った後、握力が23kgしかなかった患者さんが半年たった今42kgまで回復しました。ちなみに体重は100kg以上」と、コロナの後遺症で握力が低下した患者について報告。

なおコロナ感染のせいで筋力低下してしまう原因について、「原因はわかりませんが可逆性です。不思議なことに2週間ぐらいで急速に筋力が落ちます。こういう事実が知られていないので研究も進んでいないと思います」と質問に答えている。


関連記事:倉持仁医師、整った医療体制の必要性を指摘 「仕方ないかもしれませんが…」

 

■本当に問題なのは…

コロナの後遺症で筋力の低下が見られることや後遺症が見られても回復する事実が一般的に知られていないことに「根っこには初診時軽症だから検査投薬不要と喧伝するかたが多いからです」と診察する側にも問題があると言及。

そうした問題について「こういう風潮良い方向へ改まると良いと思います」と自らの思いを伝えた。

倉持仁『倉持仁の「コロナ戦記」: 早期診断で重症化させない医療で患者を救い続けた闘う臨床医の記録』【Amazonでチェック】

次ページ
■不安が残るも希望の声
ツイッター医師筋力新型コロナウイルス新型コロナ後遺症倉持仁インターパーク倉持呼吸器内科
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング