倉持仁医師、コロナ後遺症で握力低下の患者を例に問題提起 「根っこに…」

倉持仁医師が、新型コロナの後遺症について言及。周知が滞っている問題点を指摘した。

2022/09/29 14:15


 

■不安が残るも希望の声

コロナの後遺症を伝えた倉持医師へ「体重100kgのかたの握力が23kgになってしまうとは…後遺症はこわい」「コロナはただ風邪ではない。辛かったです」「まず体重100kg以上ってのがコロナ重症化しやすい要因なんだよな」と反響が。

またコロナの後遺症に不安の声が募るなか「長くかかっても良くなっていくことが分かると希望を持てます」「倉持先生の丁寧な診察と患者の気持ちに寄り添っての質問が、功を成しているのではないですか」と対処法次第では回復が見られることに希望を持つ声もあった。


関連記事:ひろゆきが警告する「熱中症の後遺症」が話題 恐ろしい症状が次々と…

 

■後遺症問題の根っこは…

・合わせて読みたい→倉持仁医師、医療現場の人手不足について嘆願 「怒らずにお待ちください」

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

倉持仁『倉持仁の「コロナ戦記」: 早期診断で重症化させない医療で患者を救い続けた闘う臨床医の記録』【Amazonでチェック】

ツイッター医師筋力新型コロナウイルス新型コロナ後遺症倉持仁インターパーク倉持呼吸器内科
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング