村上宗隆選手の60号本塁打は「厳しい」 金村義明氏が要因を解説

55号本塁打の後、調子を崩している様子の村上宗隆選手。金村義明氏がその要因などを分析した。

2022/09/29 23:35

村上宗隆

29日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、野球解説者の金村義明氏が東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手について語った。



 

■村上選手が苦しむ

村上選手が55号ホームランを放ったあと調子を崩し、打率が降下するなど苦しんでいることを紹介したこの日の放送。

不振の理由を質問された金村氏は「簡単ですよ。クライマックスシリーズっていうのができてからね、優勝が決まっても消化ゲームじゃないんで、対戦相手がまだ Aクラス入りにかけて、必死に勝ちに来てるんで、勝負をしないわけですよ」と分析した。


関連記事:村上宗隆選手の”60本”に金村義明氏が太鼓判 「早めにメジャーに行く」と予測も

 

■60本は厳しい

金村氏はさらに「申告敬遠とか、ボールとか、デットボールの後遺症もありますし。一方本人は打ちたくて仕方ないから、バットが下から出て、スランプ気味になっているだけの話で」と指摘する。

続けて「かわいそうなんですけどね、周りはものすごく村上のホームラン記録を観に、お客が満員になるぐらいなんですよ。だから本人も余計に打ちたい。そこを勝負してくれない、フォアボールが多い」とコメント。

そして「だからもう、波を打っているようなスイングになってしまっている。これは、60本は厳しいかもしれないですね」と予測した。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■消化ゲームなら…
クライマックスシリーズ最下位バラいろダンディホームラン東京ヤクルトスワローズ金村義明村上宗隆
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング