56歳女性が息子夫婦の代理母になる決意 「子供がお腹にいると気持ちがパワフルに」

女性の英断に世間は衝撃を受けたが、支援の声もたくさん届いているという。

2022/10/01 19:00

妊婦・妊娠・出産

世の中には、さまざまな理由から妊娠しにくい、もしくはできないという夫婦がいる。そして日本では、里親制度や代理母出産がまだまだ浸透しておらず、養子を迎えることも容易ではない。

このたびアメリカで、ある女性が自身の息子夫婦を救おうと立ち上がった。50代にして代理母出産に挑んでいることを、『TMZ』や『NEW YORK POST』などが伝えている。



 

■不妊治療は計6年

このたび代理母出産になることを決断したのは、アメリカ・ユタ州のセント・ジョージに住んでいるナンシー・ホークさん。56歳で、すでに4人以上の孫がいるおばあちゃんだ。

ナンシーさんの息子のジェフさん(32)と妻のカンブリアさん(30)は、結婚後なかなか子供に恵まれず、体外受精を含む不妊治療に挑戦。3年前に、ヴェラちゃんとアイヴァちゃんという双子を出産した。


関連記事:「夫を殺す方法」を書き逮捕された女性小説家 殺害した事実について口を滑らせる

 

■年齢的な不安

その後も不妊治療を続け、カンブリアさんは昨年9月にまたしても双子を出産。しかし子宮内に異常が見つかり、摘出手術を受けた。

しかし夫婦は「もっともっと子供がほしい」と切望。それを知ったナンシーさんは、自身が代理母になることを決意した。しかし最後に子供を出産してから、すでに26年がたっている。「年齢的に無理」と誰からも心配されたという。

代理母、はじめました【Amazonでチェック】

次ページ
■医師はGOサインを
赤ちゃん妊娠双子不妊治療代理母出産受精卵子宮翻訳記事ホルモン療法
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング