“燃える闘魂”アントニオ猪木さん死去 高田延彦や永田裕志が追悼

猪木さんは2019年に難病「心アミロイドーシス」を発症し闘病生活を続けていた。

2022/10/01 11:00

アントニオ猪木

「燃える闘魂」のうたい文句や「1、2、3、ダーッ!」のパフォーマンスでも知られる元プロレスラーのアントニオ猪木さんが1日に死去したと、各メディアが報じた。

【ツイート】高田延彦と永田裕志の追悼コメント



 

■新日本プロレス旗揚げ、アリとの名勝負…

猪木さんは1960年、力道山さんから直接スカウトされて日本プロレスに入団。

本名の「猪木寛至(いのき・かんじ)」としてデビューし、62年にリングネームをアントニオ猪木に。ジャイアント馬場さんとのタッグチーム・BI砲で活躍、72年に新日本プロレスを立ち上げるなどプロレス界を牽引。

76年のボクシング世界ヘビー級王者ムハマド・アリとの異種格闘技戦は世界中の注目を集めた。


関連記事:北斗晶、佐々木健介との結婚27周年を報告 “おめでた続き”に祝福の声

 

■難病「心アミロイドーシス」で闘病

政治家としても活動し、89年にスポーツ平和党を結成。「第15回参議院選挙」で初当選して史上初のレスラー出身の国会議員(=参議院議員)となった。

98年にプロレスラー引退。バラエティ番組などでも活躍したが、2019年に難病「心アミロイドーシス」、その後、腸捻転も発症し、闘病生活を続けていた。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■高田延彦、永田裕志が追悼
アントニオ猪木新日本プロレス力道山ジャイアント馬場参議院議員高田延彦心アミロイドーシスムハマド・アリ永田裕志
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング