大谷選手、108球力投の翌日にマルチ安打 自己記録も更新でSNSは驚愕

前日に108球投げた大谷翔平選手が、疲れを感じさせないマルチヒットで自己記録を更新。

2022/10/01 14:30

大谷翔平

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が、1日(現地時間30日)に行われたテキサス・レンジャーズ戦に3番指名打者で先発出場。前日に投手として108球を投げたにもかかわらず、自己記録を更新するマルチヒットを放った。



 

■疲れを感じさせず

前日の試合、8回ツーアウトまでノーヒットノーランに抑える快投を見せ、日本時代の自己最多に並ぶ15勝目を挙げた大谷選手。この日は108球を投げてからの連続出場となったが、初回の第1打席からいきなり疲れを感じさせないプレーを見せる。

相手は一塁側に守備を寄せる大谷シフトを敷いていたが、大谷選手はカウント1-2で投じられたゆるい変化球を強打。しっかりボールを捉えると、痛烈なライナー性の打球となった。


関連記事:大谷翔平選手、米通算100号HR 松井・イチローを大幅に超える日本人最速記録

 

■ホームラン性の打球も

打球は一二塁間へと飛び、大谷対策の守備シフトをも破る痛烈なライト前ヒットに。これで、自己最長を更新していた連続試合安打をさらに15へと伸ばした。

3回の第2打席では、思い切り振り抜いた打球が大きく上がってセンター方向へ。しかし、フェンス手前で惜しくも失速し、あと数メートルで本塁打という大きな打球に終わった。

大谷翔平『不可能を可能にする 大谷翔平120の思考』【Amazonでチェック】

次ページ
■自己記録を更新
スポーツ野球メジャーリーグMLB大谷翔平二刀流ロサンゼルス・エンゼルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング