14歳少年が失恋を苦に自殺 交際中と思った少女の「ただの友達」発言に傷つき

少年の日々の思いがつづられた日記帳が、現場に残されていた。

2022/10/03 08:00

少年・落ち込む・泣く・絶望

中学生から高校生にかけ、ぐんと増えてくる同級生カップル。勉強やクラブ活動で忙しいなかにも、爽やかな男女交際に憧れる子は多い。だが、恋には失恋もつきものだ。ある少年の悲劇の話題を『Times Now News』『LatestLY』などが伝えている。



 

■「ただの友達」に傷つく

インド・ムンバイ市のアンデーリ地区で16日の夜、地元の学校に通う14歳の少年が自らの命を絶った。

かねてから好意を抱いていた少女に告白し、ついに交際が始まったと本人は思っていたが、彼女が友人に「彼はただの友達」と話していたことを知り、ひどく落ち込んでいたという。


関連記事:SNSの嫌がらせが原因で15歳少年が自殺 新型コロナワクチン未接種と噂され…

 

■勉学に忙しい学年

この国の教育は、ほとんどの子が5歳で入学する小学校の5年間、中学校の3年間(6、7、8年生)までが義務教育。その上に2年間の中等学校(9、10年生)、さらに2年間の上級中等学校(11、12年生)がある。

少年は、その中等学校に通う10年生だった。この学年と12年生には全国共通学力テストが実施され、その結果は大学進学に大きく影響する。少女ももちろん勉強に忙しく、男女交際どころではない状況だった。

【別れに苦しむあなたへ】辛い失恋を乗り越える100の言葉【Amazonでチェック】

次ページ
■日々の思いを日記に
インド告白失恋自殺話題男女交際翻訳記事日記帳
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング