人食い殺人鬼のタトゥーを脚に入れた女性 批判受けるも後悔見せず

「彼女の横では寝たくない」と、タトゥーを入れた女性を恐れる声も寄せられた。

2022/10/03 19:00

殺人・殺人鬼・ナイフ

眠れなくなるとわかっているのに、ホラー映画や怖い話に惹かれてしまう人は多い。近年では、フィクションではなく、実際に起きた犯罪への興味も高まっているようだ。

ある女性が、実在した殺人鬼に関連するタトゥ―を脚に入れたことで、『The Sun』や『Daily Star』などの海外メディアに取り上げられた。



 

 

■アメリカ史上最悪の殺人鬼

オーストラリア・シドニー出身のブリトニー・キャンベーレイン(28)は、連続殺人犯に魅了された女性の一人だ。彼女はアメリカ史上最悪と呼ばれる殺人鬼のジェフリー・ダーマーの顔と、彼が発した言葉のタトゥーを右足に入れている。

ジェフリー・ダーマ―は、1978年から1991年にかけて17人の男性や少年をレイプして殺害し、その後に手足を切断して食べたという。逮捕されたダーマ―は900年以上の終身刑を宣告されていたが、1994年に獄中で仲間の囚人から暴行を受け、死亡した。


関連記事:上田竜也、「妖精が見える」キャラ脱却後も… 守り続ける”コンセプト”

 

■殺人犯の行動に興味

ブリトニーさんの右脚には、特徴的な眼鏡をかけ、両手で心臓を持ったダーマーの姿が描かれている。その後ろには、「勝てないなら食べてしまえ」というダーマ―が発した有名な言葉が刻まれていた。

ブリトニーさんはメディアの取材に対して、「連続殺人犯の犯罪を容認しているわけではなく、ただ彼らの行動に興味があるだけ」と答えた。彼女は殺人犯の凶行に触発されて犯罪心理や法心理学を学んでいるといい、「切り裂きジャックなど、ほかの殺人鬼のタトゥーもいれたい」と話している。

ジェフリー・ダーマー Dahmer【Amazonでチェック】

次ページ
■「被害者家族のことを考えろ」と批判
タトゥーオーストラリアNetflixトラウマ終身刑切り裂きジャックホラー映画ジェフリー・ダーマーシドニー翻訳記事殺人鬼犯罪心理
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング