ADHD疑いの少年が退学言い渡され… 「フルネーム書けなくなった」と母親が市を非難

ADHDの子供は傷つきやすい傾向があり、ただ叱るだけでは逆効果だという。

2022/10/04 20:00

母親・息子・親子・送迎・送り迎え

小学校での教育は、生涯学習の基礎を作り、健やかな人格を形成する重要なプロセスだ。しかし「行動上の理由」が原因で、それをほとんど受けられていない少年がいる。

ADHD(注意欠如・多動症)の可能性があるという少年と、その母親の切実な想いを、『The Sun』や『Mirror』などの海外メディアが報じた。



 

■徐々に減らされた授業時間

イギリスのストーク・オン・トレントに住むニコラス・ベイリーくん(7)は、小学校2年生になってからというもの学校に行く時間がめっきり減ってしまった。

学校側の要請によって、ニコラスくんだけ授業時間が半日、そして1時間と徐々に減らされてしまったという。さらに、学校が夏休みに入る3週間前、ついに退学を言い渡され、それ以降は通える小学校を探している状態だ。


関連記事:SNSの嫌がらせが原因で15歳少年が自殺 新型コロナワクチン未接種と噂され…

 

■息子にADHDの疑い

ニコラスくんの母親ケイリーさん(35)によると、ニコラスくんが退学処分になったのは「行動上の理由から」とのことだ。ケイリーさんは、ニコラスくんが幼少の頃から彼がADHD(注意欠如・多動症)なのではないかと考えており、以前から検査を受けさせたいと考えていたという。

ADHDとは、集中力を持続させられなかったり、落ち着きがなくじっとしていられないなどの特徴が認められ、生活に困難をもたらす症状である。

→Amazonバレンタイン特集2023 ギフトやご褒美に、定番チョコから人気のブランドまで

次ページ
■やっと認められた検査
小学校イギリス保育園退学フルネーム市議会ADHD翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング