崩壊した家で飼い主を待ち続ける犬 爆撃続くウクライナで犠牲になる動物たち

犬の飼い主の家族には、子供も2人いたという。

2022/10/06 07:00

犬・家族

ロシア軍がウクライナに侵攻して以来、多くの人が都市部からの避難を余儀なくされているが、家族全員が揃って移動できるわけではない。ペットや家畜が置き去りにされ、爆撃の犠牲となったり、食べる物がなく餓死しているという。

瓦礫の中で飼い主の帰りを待ち続ける悲痛な犬の姿がSNSで公開され、『Mirror』などの海外メディアで報じられた。

【動画】暗闇の中で飼い主を待ち続ける犬



 

■瓦礫の上に佇む犬

先週、ウクライナの国防省の公式ツイッターが、ウクライナ東部のドニプロで撮影されたというある犬の写真を公開した。写真の中の犬はうずたかく積まれた瓦礫の上に佇んでおり、目はどこか遠くを見つめているようだ。

国防省によると、この犬の名前はクリムといい、崩壊した自分の家があった場所で飼い主を待ち続けているのだという。別の人が公開した動画では、夜の暗闇のなか、人が声をかけても家から動かないクリムの姿が映し出されていた。


関連記事:男児が犬を保護施設前に置き去り 「守ってあげたかった」と書かれた手紙も

 

■実家は爆撃の犠牲に…

クリムの飼い主であった家族は、ロシア軍による爆撃を受けて亡くなり、崩壊した家の下敷きになってしまったと考えられている。

爆撃後、クリムだけは瓦礫の間をぬって這い出ることができた。飼い主たちが亡くなったことを知ってか知らずか、クリムは瓦礫の上で家族を待ち続けているのだという。

犬の日本史 人間とともに歩んだ一万年の物語 (PHP新書) 【Amazonでチェック】

次ページ
■「胸が張り裂けそう」の声
ツイッター家畜ペット話題戦争ロシアウクライナ翻訳記事国防省
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング