家庭教師の月謝催促に保護者がブチギレ 嫌味なメッセージ応酬の結果クビに

悪いのは保護者か、それとも家庭教師のほうなのか…。

家庭教師

月謝を催促した家庭教師と、それにイライラした保護者。お金は支払われたが、家庭教師は解雇されてしまったという。交わされたメッセージの内容、その後の展開、そして家庭教師の発言について、『AsiaOne』など海外のメディアが紹介している。



 

■月謝の額を伝えた家庭教師

シンガポールで家庭教師として働く女性が、月謝の額を知らせるため担当する子供の母親にメッセージを送信した。

しかし送信から約3時間がたっても返事がなかったため、家庭教師は再びメッセージを。たまたま仕事中だった母親は「まだ職場にいるんです」と返信したが、その後すぐにスマートフォンで支払いを終えた。

だが催促されたと感じた母親はずいぶん苛立ったらしく、送金完了を知らせるメッセージには「大至急お金が必要だったようですね」と嫌味も含めた。


関連記事:特別支援学級の13歳少年に自宅でみだらな行為 家庭教師の39歳女を逮捕

 

■保護者を怒らせてクビに

家庭教師はこれに腹を立て、「仕事中だなんて、私には知る由もなかったんです」と返信。すると「あなたに仕事中だと知らせる筋合いはない」という返事があったため、家庭教師がさらに「こんな無礼な保護者は初めてです」と送信した。

このやり取りを経て「来週から来なくていい」というメッセージを送られた家庭教師は、「私も、もう行かないと言うつもりでした」と返信したのだという。

子どもに寄り添う教師――時代を超えて生きる教育論(22世紀アート)【Amazonでチェック】

次ページ
■解雇されて怒りが爆発
家庭教師話題解雇保護者翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング