じつは怖すぎる『星のカービィ』トラウマシーン3選 かわいい見た目が急変…

『星のカービィ』シリーズに隠された「トラウマ要素」を紹介していく。

2022/10/15 04:30


星のカービィ

第1作目の発売から今年で30周年を迎えた『星のカービィ』シリーズ。ゲームボーイからニンテンドーDS、Nintendo Switchと何世代にも渡りながら、メイン作品で13本以上輩出している人気シリーズだ。

カービィはピンク色でかわいい見た目で多くの人から愛されるキャラクターだが、同シリーズには様々な「恐怖演出」が散りばめられており、一部のプレイヤーはトラウマを抱えた人も…。そこで今回は『星のカービィ』シリーズにトラウマシーン3選を紹介したい。


 


 

■かわいい見た目が急変…

まず最初に紹介するのは、『星のカービィ』シリーズにおける「トラウマ」の代表キャラクター「マルク」だ。同キャラは、ピエロのような容姿の魔法使いであり、『星のカービィ スーパーデラックス』の中の「銀河にねがいを」で初登場。

同作では、カービィを裏切りラスボス化するのだが、その姿が「トラウマ」となっている人が多い模様。というのも、もともとかなりかわいい見た目をしていたマルクが、ラスボス化すると奇怪な形の翼が生え、装飾品もかなりトゲトゲしくなる。さらに、戦闘中の使用技では体を半分に割り、その真ん中にカード不可のブラックホールを出現させるなど、どれも凶悪だ。

また同作のリメイク版である『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』では、より凶悪化した姿「マルクソウル」となり、さらに異形かつ禍々しく見た目が変化。倒した際には「ギャーーッ」といった怖すぎる断絶魔を叫びながら爆発する…など、当時のキッズたちには強烈なトラウマを植え付けたキャラクターである。

ちなみに、スーパーファミコン版の星のカービィはプレミアがついており、Amazonだと1万円を超える値段で取引されている場合が多い。


関連記事:ヨドバシカメラ、店頭の棚が飲み込まれる事態勃発 犯人は「ピンクのあいつ」だった…

 

 

■真っ赤な目玉が追いかける

続いては、『星のカービィ3』のラスボス「ゼロ」だ。カービィたちが住まう惑星「ポップスター」を乗っ取るべく悪事の限りを尽くしていたゼロだが、その見た目は真っ白な球体に赤い目玉という奇妙なもの。

通常状態でも不気味な見た目をしているゼロだが、第2形態へと進化すると中央部が卵の殻のように割れ、真っ赤な目玉のみが飛び出してくるのだ。しかも血しぶきのようなものを撒き散らしながら、カービィを執拗に追いかける姿はトラウマ不可避な演出と言えるだろう。


Nintendo Switch Online利用券(個人プラン12か月)|オンラインコード版【Amazon】

次ページ
■シリーズ1の後味悪さ
ゲーム恐怖任天堂トラウマ星のカービィ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング