絶対操作できないATM、シチュエーションに目を疑う… 「警視庁の本気」と称賛の声

警視庁の公式アカウントが突如空前のバズり具合を見せ、国民からは「よく分かってる」と称賛の声が…。

2022/10/17 04:45

世の中には、いわゆる「お堅い」イメージのある企業や団体が少なくないが、その筆頭として挙がるのが、やはり警視庁ではないだろうか。

しかし現在ツイッター上では、「警視庁がとうとう国民のニーズを理解した」と大きな話題になっているのだ。

【話題のツイート】警視庁、本気出してきたな…?


画像をもっと見る

 

■警視庁、空前のバズりを見せる

今回注目したいのは、「警視庁生活安全部」公式ツイッターアカウントが29日17時に投稿した1件のツイート。

「詐欺の電話があなたの携帯電話に」というハッシュタグの添えられた投稿では、電話を使用した特殊詐欺に対する注意喚起がなされていたのだが…こちらのツイートは、投稿から数日で6,000件近くものRTを記録するバズりを見せているのだ。

なお前後の投稿を比較すると、件のツイート直前に投稿された「アポ電(犯行予兆電話)」に関するツイートのRT数は約40件、直後に投稿された「パパ活」の注意喚起ツイートのRT数は約160件なので、前出のツイートのみ、べらぼうなRTを記録していることが分かる。

一体なぜ、こちらのツイートだけ異様なバズり具合を見せているのだろうか…。


関連記事:食パンの袋、捨てるのはもったいない… 警視庁が教えるワザに「なるほど」

 

■警視庁、完全にノリノリである

その答えは、多くのRTを記録したツイートに埋め込まれた「にゃんこシリーズ第4弾(還付金でATMに行っちゃダメにゃ!)」なる動画である。

件のツイート本文を見ると、こちらは「『還付金がありますよ』というアポ電が、個人の携帯電話にかかってくるケースが出てきていますニャ。ATMで還付金手続はできないニャー」と、俗にいう「猫語」が使用されているほか、猫のスタンプも確認できたのだ。それにしても警視庁、ノリノリである。

ATM猫

気になる動画の内容は、猫を抱きかかえた高齢者男性が携帯電話からの指示を受けつつ、医療費の還付を受けるためにATMで現金を振り込もうとしている場面からスタートする。

ATM猫

もちろん「還付金」は真っ赤なウソなのだが、男性は気づいていない様子でATMを操作し始める…と、ここで何かを察したのか、それまで腕の中にいた愛猫(ステファニー)が、ATMの操作画面に着地。その後はかわいらしいポーズを決めつつ、ATM操作を絶妙に妨害し、飼い主が特殊詐欺に引っかかるのを見事防止して見せたのだ。

ATM猫

こうした「猫がかわいすぎて作業(仕事)ができない」という現象は猫好きにとっては日常茶飯事であり、事情あって猫が飼えない人物からすれば「ご褒美」とも言える夢のようなシチュエーション。

そうした背景もあってか、こちらの動画が埋め込まれた件のツイートは大きなバズりを見せ、ツイッターユーザーからは「警視庁がついに、国民の本当に望んでいるものを理解しだした」「おじいちゃんが猫抱いてATM入ってくる時点で面白い」「動画かわいいし、詐欺防止にもなるし、一石二鳥かよ」といった称賛の声が多数寄せられているのだ。

ATM猫

果たして警視庁は、どのような経緯で「国民のニーズ」に辿り着いたのだろうか…。ことの経緯を警視庁に尋ねたところ、あまりにも意外なエピソードが明らかになったのだ。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■この動画だけ、明らかに再生されすぎだろ…
詐欺犯罪動画警察ツイッター話題防犯警視庁電話詐欺
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング