気難しい隣人から車で轢かれそうに… ヤバすぎるご近所トラブルに悩む男性

引っ越しする以外に、うまい解決法はあるのか…。

家・一軒家・住宅・隣家

何をしても隣人に文句を言われ、命の危険さえ感じるようになった30代の男性。解決が困難なご近所トラブルに、男性は頭を抱えている。



 

■隣人に嫌われた男性

海外で暮らす男性(32)は、以前から隣りの家で暮らす住人(65)と折り合いが悪い。車を駐車すれば「うちの車に近すぎる」と文句を言われ、家の改修工事を始めれば「散らかりすぎだ」と怒られる。そのような衝突を何度も繰り返し、困り果てていた。

そんななか、男性の恋人が念願叶って就職活動に成功。お祝いにバーベキューパーティを開いた結果、またしても隣人を怒らせてしまった。


関連記事:隣家の子供が庭に無断侵入するのを防いだ女性 逆ギレした母親に通報され…

 

■嫌がらせがエスカレート

近所への配慮もあって、男性たちは午後9時半にはパーティをお開きに。しかし翌日にはドアの隙間にメモが差し込まれ、そこには「昨晩の騒音について、苦情の申し立てをすませた」と書かれていた。

匿名ではあったものの、「隣りの家で暮らす住人に違いない」と男性は直感。その日は犬の散歩にも出かけたが、目ざとく見つけた隣人に車で轢かれそうになった。

隣人の暴走は、エスカレートするばかりだ。さすがに怖くなった男性がイギリスのメディア『The Sun』の悩み相談コーナーに投稿し、助言を求めた。

実録!ご近所トラブル50連発 J-CASTニュースセレクション【Amazonでチェック】

次ページ
■「歩み寄りを…」という提案
騒音話題隣人ご近所トラブル翻訳記事バーベキューパーティ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング