仲本工事さんが過小評価される秘密 仲本さんでわかる「ドリフが最強」の理由とは

ザ・ドリフターズの隠れた象徴ともいえる仲本工事さんの能力と、ドリフのコントの特徴を考察する。

2022/10/23 07:30

ドリフターズ・仲本工事
(写真提供:JP News)

交通事故により19日に亡くなってしまった仲本工事さん(享年81歳)。 仲本さんの活躍から、じつは、 『ザ・ドリフターズ』のすごさを考察することができる。



 

■仲本さんの愛嬌

19日に交通事故により仲本さんが亡くなった。仲本さんは、ドリフでは得意の器械体操の能力などを活かし、大変に活躍。

コント中にバク宙などを決める芸人は、今になっても仲本さん以外にそうそう見かけることはないだろう。仮にバク宙ができる芸人がいたとしても、単にすごいというだけで終わってしまいがちだ。

しかし仲本さんのパフォーマンスは、見事に決まれば、こちらも喜んでしまう。パフォーマンスの安定感と仲本さんのコミカルさに秘密がありそうだ。


関連記事:戸田恵子、仲本工事さんとの『全員集合』思い出語る 「体操のマット運動で…」

 

■脇役とはいえない仲本さん

ドリフのメンバーは、リーダーのいかりや長介さん、後から来た大エースの志村けんさん、元々のエースだった加藤茶、大ボケ担当の高木ブーといて、5人の中で渋いポジションが仲本さんである。

パッと見のイメージは上記の通りだろうが、実際、それほど、仲本さんは脇役としての存在だったのだろうか。

今でも多くの人々からのメッセージが仲本さんへと届いている。振り返って、仲本さんの魅力を改めて尊ぶ国民も多いようだ。『もしもシリーズ』というドリフならではのコントに象徴されるように、ドリフメンバーは全員が主役になれた。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■ドリフメンバーの個性
お笑いめちゃイケフジテレビタモリビートたけし加藤茶志村けん吉本いかりや長介高木ブーバク転仲本工事ザドリフターズもしもシリーズ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング