コロナ収束後は以前の生活に戻れる? 現状で7割の答えは…

新型コロナ感染拡大から2年以上が過ぎた今、「以前の生活」に戻ることは可能なのだろうか。

2022/10/31 08:30

マスク

2020年に緊急事態宣言が発令された新型コロナウイルスの感染拡大から2年以上が過ぎ、「第7波」もやや落ち着きつつある昨今。一方で、欧米で拡がりつつあるオミクロン株の新派生型・BQ1が神奈川県で発見されるなど、第8波の感染拡大も懸念されている。


画像をもっと見る

 

■コロナ前に戻れるか

リモートワークや時差通勤など、新しい働き方・暮らし方も定着しつつある一方で、イベントや会食など、「もっと元の生活に戻りたい」と思う部分も少なくないだろう。

コロナ収束後、もう一度以前のような生活に戻れるのかどうか。世間はどのように考えているのだろうか。


関連記事:コロナワクチン4回目接種を希望する? 対象外の若い世代でも5割が…

 

■7割弱が「戻れない」

Sirabee編集部が、全国10〜60代男女880名を対象に調査したところ、「コロナ収束後は以前のような生活に戻れると思う」と回答したのは、全体のわずか33.1%。2/3の66.9%の人は「戻れないと思う」と回答している。

新型コロナウイルス

withコロナの生活も続いており、すでに以前の暮らし方を忘れてしまったという人もいるのかもしれない。


■若い世代は「戻れる」派も

全体の3割にとどまった「元の生活に戻れる」派。しかし、世代別に見ると興味深い傾向も。

新型コロナウイルス

戻れると期待する割合が最も高いのは、10〜20代で40.3%。若い世代はコロナ重症化リスクも低いため、感染に対してそれほど深刻に受け止めていない人も多そうだ。

一方で、働き盛り、子育て世代の30〜40台では最も低い3割前後で推移。新しい働き方などによって暮らしが大きく変わっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→コロナ禍でも鼻くそをほじって食べる人たち 30代女性では4割弱が…

(文/Sirabee 編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2022年10月12日~2022年10月16日
対象:全国10代~60代男女880名 (有効回答数)

ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか【Amazonでチェック】

リモートワーク新型コロナウイルス緊急事態宣言withコロナオミクロン株第7波第8波BQ1
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング