『東京卍リベンジャーズ』、最終回まで残り3話… 初回から明かされていない「謎」

『東京卍リベンジャーズ』では第一話から明かされていないことがある。果たして真相は…。

2022/11/01 04:15

東京リベンジャーズ

16日、『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』が最終回を迎える。ラストまで残り3話となり、ネット上では様々な考察が繰り広げられている。

じつは、同作には第1話から解き明かされていない「謎」があって…。(※以下、ネタバレ含む)



 

■社会現象を巻き起こした作品

『東京卍リベンジャーズ』は、2017年から連載されている人気作品。不良だった26歳の主人公・花垣武道がタイムリープ能力に目覚め、中学時代にタイムスリップしてかつての恋人が殺害される運命を変えるため、元凶となる暴走族チーム「東京卍會」でトップに成り上がる物語だ。

累計発行部数は今年7月時点で6,500万部を超え、アニメ化、実写映画化、さらに舞台も上映されるなど、社会現象を巻き起こした。


関連記事:『時をかける少女』に登場のアーチ、今日で撤去… 決意の裏に「3年前の苦悩」

 

■未だ明かされていない「謎」

10月19日、『東京卍リベンジャーズ』公式ツイッターで11月16日発売号の『週刊少年マガジン』で完結することが伝えられた。ネット上では、早くもラストシーンがどうなるか予想する声があがっている。

『東リベ』連載開始当初から現在まで読破している、ある男性ファンは気になる箇所があると話す。

「第1話で主人公の武道が電車の線路に突き飛ばされるシーンがあるのですが、誰が彼を落としたのかいまだに分かっていないんです。これを機に彼はタイムリープできる能力を身に付けますが、誰が何のためにそんなことをしたのでしょうか…」(『東リベ』ファンの男性)。

日和ってる奴いる?【Amazonでチェック】

次ページ
■タイムリープ前、誰が…
考察週刊少年マガジン最終回東京卍リベンジャーズ東京リベンジャーズ東リべ花垣武道
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング