ふかわりょう、政府税調のEV車走行距離課税案に異論 「消費税が…」

ふかわりょうが政府税制調査会が検討のEV走行距離累進課税制に異論。

2022/11/04 00:25

ふかわりょう

3日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが政府の税制調査会が検討していると報じられたEV車の走行距離に応じた税金の導入について語った。



 

■税制調査会が走行距離税の導入を検討

番組は政府の税制調査会が先月26日の総会で、EV車の走行距離に応じた税金の導入を議論したニュースを取り上げる。

燃費性能の向上でガソリン税の減収が続いているためだそうで、道路に維持費を賄う代替財源として考えられているとのこと。「走れば走るほど税金が高くなる」という制度案に、ネット上では不満の声が相次いでいることが紹介された。



関連記事:みのもんたの”銀座の遊び方”に安東弘樹が異論 「ハメを外すところではない」

 

■安東弘樹が問題提起

自動車に詳しい安東弘樹は「前提としてEVは重量があるので、走れば走るほど道路の負担にもなるのでというような理由もあるらしいんですね。だから走れば走るほどということなんですが」と説明する。

その後現在の車税制をフリップで解説し、「距離をどう算出するのか」「EVより重いガソリン車もいっぱいあるので。そのへんの矛盾をどうするのか?」と問題提起する。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■やむにやまれず走る人も
TOKYOMXふかわりょう自動車税バラいろダンディ道路安東弘樹EV車
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング