NBAネッツ・渡邊雄太選手、大学で勝てず… 試合後「一人ずっと泣いてた」

NBA・ネッツの渡邊雄太選手が、久々に訪れた母校で思い出を振り返った。その生き様に「心から尊敬」の声も。

2022/11/04 12:10

バスケットボール・バスケ試合

プロバスケットボール・NBAのブルックリン・ネッツに所属する渡邊雄太選手が4日、公式ツイッターを更新。久々に訪れた母校で、大学時代の思い出を振り返った。

【ツイート】母校で思い出を振り返った渡邊選手



 

■ジョージ・ワシントン大学に入学

渡邊選手は、香川県の高校を卒業後にアメリカに留学。ワシントンD.C.にあるジョージ・ワシントン大学に入学してNCAAで頭角を現した。

大学卒業後、メンフィス・グリズリーズやトロント・ラプターズを経て、今年からブルックリン・ネッツに所属している。


関連記事:久慈暁子アナと渡邊雄太選手が結婚を報告 「楽しい時間を積み重ねていけたら」

 

■「全部が今に繋がっている」

渡邊選手はこの日、久々に母校に訪れていたそうで下積み時代の苦労を振り返った。

「DCに来たついでに久々にGW大学に訪れたら、英語も喋れない中で勉強がとにかく大変で必死だったこと、毎晩欠かさずにやった一人でのシューティング、なかなか勝てないのが悔しくて試合後のロッカールームで一人ずっと泣いてたことなど思い出して泣きそうになった」と感慨深げに明かすも、「そして全部が今に繋がっている」とつづっている。

渡邊雄太・著 「好き」を力にする【Amazonでチェック】

次ページ
■「心から尊敬」の声
ツイッターワシントンD.C.NBAプロバスケットボール渡邊雄太ブルックリン・ネッツNCAAジョージ・ワシントン大学
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング