キャンプ場併設の動物園からライオンが脱走 ナイトサファリが悪夢に…

夢のようなキャンプ体験が悪夢に一転。大事にならず、これも良い思い出に…?

2022/11/06 04:30

ライオン・動物園

夏場に動物園へ出かけると、暑さでぐったりしている、あるいは寝てばかりという動物をよく見かける。夜行性の種類も多いため、夜間に動物園を開放する「ナイトサファリ」を催す施設も増えているという。

そんな中、動物園に宿泊できることが人気のキャンプ場で悪夢が起こってしまった。イギリスの『Daily Mail』や『LAD BIBLE』が報じている。



 

■動物園に泊まれるキャンプ場

オーストラリア・シドニーにあり、約150種類、2,000匹の動物を飼育している人気のタロンガ動物園。ここの園内には、『ロア・アンド・スノア』というキャンプ場が併設されている。

普段は眠っている動物も夜間なら活発に行動する様子を見ることができ、動物たちを一晩じゅう間近に感じられることが話題になり、家族連れやカップルから連日のように大好評だという。


関連記事:タモリ、鳴きだした動物たちを静まらせる 人間離れした能力にスタッフも驚き

 

■「30秒以内に閉鎖します」

しかし数日前の朝6時半ごろ、突如その園内にアラームが鳴り響いた。「緊急事態が発生しました。手荷物を置いてただちに最寄りの非常口から逃げてください」と放送が流れたのだった。

続けて「30秒以内に動物園は閉鎖されます」と言われ、理由は明かされないまま約50名の宿泊者たちは一斉に出口に向けて走ったという。

GO OUT特別編集 THE CAMP STYLE BOOK Vol.19【Amazonでチェック】

次ページ
■ライオン5頭が脱走
動物動物園話題キャンプ場ライオン夜行性翻訳記事ナイトサファリ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング