「年中部屋干し」する若者が増加…? 洗濯物を外に干さない”意外な理由”

ここ数年、部屋干しする若者が増えているという。一体何が起きているのだろうか…。

2022/11/07 04:15

部屋干しイメージ

気温がグッと下がり、日の入りが早まるこの時期、外に洗濯物を干しても乾きにくい。つい部屋干しにする人も多いかもしれない。

だが、いま若い世代の間では季節や天気等関係なく、室内で干す人が増えていて…。



 

■常時部屋干しにする人が多い

ここ数年、部屋干しする人が増えている。2021年7月の花王の調査によると、若年世帯では4人に1人が常時部屋干しをしているという。

これまでは、部屋干しというと生乾きによる「嫌な臭いがつく」と敬遠されがちだった。だが、最近は臭いを軽減する洗濯洗剤も増えて、洗濯から乾燥まで短時間で行うドラム式洗濯機も出るなど、部屋干しによるデメリットが解消されているからかもしれない。


関連記事:梅雨の時期に活躍する「330円ラック」が最高 なんでも干せて便利すぎる

 

■「部屋干し派」が明かした理由

20代で独身男性のAさんも、もっぱら「部屋干し派」だという。「20代半ばから一人暮らしを始めましたが、1年中部屋干しです。洗濯物をベランダに持ち運ぶのが面倒で外には干しません。部屋干しでも洗濯物は臭くならないですし、特段デメリットを感じたことはありませんよ」(Aさん)。

記者も面倒臭がりの性格なのでAさんの理由には共感できる…。ただ、若い世代全員がそうした理由で部屋干しをしているわけではないだろう。

より詳しい実態を調べるため花王に取材したところ、「驚きの理由」が判明したのだった。

洗濯するなら…【Amazon】

次ページ
■ワークスタイルの変化か
若者洗剤柔軟剤部屋干し洗濯物乾燥機室内干し
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング