“運命”を作り上げた女性に世間は「ちょっと怖い」 元カレと復縁するために…

元カレとアプリでマッチするまで座り込みを続けた女性の、「ちょっと怖い」愛の物語。

2022/11/07 11:00

マッチングアプリ

別れた彼氏とマッチングアプリで再び出会うため、彼のアパートの前に座り込み続けたという女性がいる。

「運命の出会い」は待つばかりではなく、自分から掴みに行くものだと証明してみせた女性を、『Mirror』や『Metro』などの海外メディアが紹介し、話題を呼んだ。



 

■破局後は友達関係に

4年前、アメリカ・テキサス州の大学に通っていたサラ・ヤングさんは、同大学に在籍していたネイサン・ロペスさんと出会い、交際に発展した。ところが、卒業後の遠距離恋愛や、社会人同士の暮らしでのすれ違いなどを経て、2人の交際は1年半ほどで終わりを告げてしまった。

2人は破局後も友達としての関係を維持していたが、お互いに新しい出会いに積極的だった。どちらも出会い系アプリをダウンロードしており、自分にふさわしい恋人を募集していた。


関連記事:トランスジェンダー女性が服役中に睾丸を自力で切除 性転換望み衝動的な行動に

 

■元カレとよりを戻したい…

ところが、アプリを使用する中で、サラさんはネイサンさんを忘れられない自分に気が付いてしまう。そこで、マッチングアプリの「ある機能」を利用して、ネイサンさんとよりを戻す方法を考え付いた。

サラさんとネイサンさんが使用していたアプリには、自分の現在地から、デート相手がいる場所までの距離を設定する機能があった。設定した距離の範囲外にいる人は、デート候補として表示されない仕組みだ。

モテるの法則【Amazonでチェック】

次ページ
■アパートの前で座り込み
結婚ストーカーアメリカ運命アパート話題遠距離恋愛復縁マッチングアプリ翻訳記事テキサス州シンデレラストーリー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング