ウクライナ産ハチミツを試したら驚いた… 「普段と全く違う」味の体験

蜂蜜はどれも変わらないと思っていたら…比べてわかった特徴の違い。ウクライナ産蜂蜜はヨーグルトとの組み合わせがオススメだ。

2022/11/15 11:45

熊手のはちみつ

ここ数年でさらに注目を浴びている食材「蜂蜜」。栄養価の高さから健康維持のために食べ物や飲み物に加えたり、最近では「蜂蜜紅茶」がヒットしたりするなど、着実に生活の中で目にするようになった。

しかし、蜂蜜を買うとき、おなじみのパッケージであったり、スーパーで並んでいるものであったり、あまり選んで買うことはないように思える。そんな中、今回編集部が見つけた、「ウクライナ産はちみつ」を食べてみると、いつもとは全く違う味わいに驚いたのだ。


画像をもっと見る

 

■養蜂業が盛んなウクライナ

熊手養蜂が製造する「ウクライナ産はちみつ」は、古くから養蜂業が盛んで、伝統産業とされているウクライナのヒマワリ畑などで採取された純粋な蜂蜜。

熊手のはちみつを小皿に注ぐ

さっそく中身を出してみると、粘り気が少なく、香りは爽やかでほんのり果物のような甘みを感じさせる。普段の蜂蜜のイメージにある、花の甘くて強い香りとは全く異なっていておもしろい。


関連記事:平野紫耀、オリジナルピザを作成も共演者から大不評 「想像以上のまずさ」

 

■色の違いと味の違い

熊手のはちみつと普段使っているはちみつの比較

直接見た目を比べてみた。家にあった蜂蜜(左・中国、アルゼンチン産のもの)と並べてみると、ウクライナ産(右)は色味がワントーン明るく、より黄色に近い。

また、普段使っている蜂蜜を改めて味見すると、目が覚めるような甘さとコクが凝縮されている。一方でウクライナ産の蜂蜜は、甘さの中にスッキリとした酸味が後からふわっと感じられ、味に嫌みがない。


■ヨーグルトにとってもよく合う

熊手のはちみつパッケージ説明文

「ウクライナ産はちみつ」の説明書きを見ていくと、おすすめの召し上がり方として『ヨーグルトにもオススメ!』と書いてある。早速、無糖のヨーグルトを用意して食べてみた。

ヨーグルトに熊手のはちみつをかけている

ヨーグルトの酸味と、ウクライナ産の甘みの中にあるほのかな酸味が組み合わさって強調されることで、蜂蜜自体のちょうどよい甘さが際立ち、とてもおいしい。オススメされていた意味が分かる。普段の蜂蜜も試してみたが、断然ウクライナ産がおいしかった。蜂蜜の酸味がポイントになっているようだ。

ほかにも、ウクライナ産はレモネード、いちご、グレープフルーツ、果実酒、料理の味付けコーヒー、ココア、紅茶、パン、ホットケーキなどにオススメ。オールマイティーに使えそう。

強い味や香りに蜂蜜を敬遠している人も、ウクライナ産の熊手蜂蜜を使ってみれば、イメージが変わるかもしれない。試してみる価値はあるだろう。

・合わせて読みたい→ハチミツをなめた子グマがハイになり入院 「プーさんとは真逆」と話題に

(取材・文/Sirabee 編集部・小河 貴洋

⇒ウクライナ産はちみつ 500g×2本セット【Amazonでチェック】

amazonはちみつ蜂蜜ウクライナはちみつ紅茶熊手
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング