「パパ」である70代医師を殺害した29歳愛人 最大で25年の実刑判決も

パパが瀕死の状態だとわかると、女は彼氏に「もう1度殴ってとどめを刺して」と命令した。

2022/11/17 07:30

年の差・カップル・夫婦・恋人

アメリカで少し前、若い女性が高齢の男性を殺害する事件が起きた。犠牲者は70代の医師、そして被告人は29歳の元プレイメイトで、ふたりはいわゆる「パパと愛人」だった。『CBS News』『NBC News』などが報じている。



 

■トランクの中から撲殺遺体

事件は2019年3月、ネバダ州のラスベガス郊外で発覚した。ミード湖の湖畔に放置されていたメルセデス・ベンツのトランクのなかから、男性の遺体が発見されたのだ。

男性は、カリフォルニア州の精神科医師トーマス・カーク・バーチャードさん(当時71歳)。遺体について司法解剖が行われた結果、鈍器のようなもので何度も殴られていたことがわかったという。


関連記事:50代小児性愛犯罪の被告人が法廷で急死 持参のペットボトルに毒物混入か

 

■2つの家と月々数十万円の手当

この事件で第二級殺人の容疑につき逮捕・起訴されていたのは、ケルシー・ターナー容疑者(29)。「パパ」であったトーマスさんから月々数千ドルの手当てを受け取り、カリフォルニア州のサリーナスとラスベガスにあてがわれていた家を行き来しながら、贅沢に暮らしていた。

ところがジョン・ケニソンという男とも交際するようになると、ふたりでトーマスさんの殺害することに。ケニソン被告がバットで撲殺し、遺体をメルセデス・ベンツに載せ二人でミード湖に向かった。


■「とどめを刺して」と命令

ケニソン被告の裁判はすでに結審し、懲役18年以上45年以下の実刑判決が下ったが、法廷ではターナー被告の冷血な性格も人々の関心を集めた。

バットで激しく殴られ瀕死の状態になったトーマスさんについて、「病院に連れていくのは厄介。もう1度殴ってとどめを刺して」とケニソン被告に命令したことが明らかにされ、ターナー被告が無罪放免となる望みは完全に消えた。


■抗争は困難と判断し有罪答弁

ターナー被告もこのほど有罪答弁を済ませたが、その代わりとして、服役開始から10 年後には仮釈放を申請する権利が認められることになったという。

次回の裁判所出廷は11月15日。また判決は来年1月10日に予定されており、懲役10年以上25年以下の実刑判決が言い渡されるとみられている。

・合わせて読みたい→20代被告に終身刑と300年の懲役刑 武装強盗や性的暴行など罪状は39件

(文/Sirabee 編集部・浅野 ナオミ

パパ活女子 (幻冬舎新書)【Amazonでチェック】

パパ話題愛人死体遺棄メルセデス・ベンツラスベガス撲殺翻訳記事第二級殺人有罪答弁
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング