嫌がらせを受けた警察官が仕事を失う 「オナラの悪臭かがされた」と主張も

人種、性的指向なども最低な嫌がらせの原因か。

2022/11/18 08:30

警察官

人々の安全を守る正義感あふれる警察官も、やはり人間。嫌いな相手に嫌がらせしてしまうことも、稀にあるのかもしれない。元警察官が経験したという“ハラスメント”について、『The Daily Star』などイギリスのメディアが伝えている。



 

■嫌がらせに悩んだ警察官

2017年3月のこと、イギリスで暮らすモハメド・アフザルさんは、ロンドンで警察官として働くようになった。

しかし白人の同僚とは仲良くできず、執拗ないじめに悩むように。近くでオナラをした同僚が手をあおぎ、悪臭をモハメドさんに嗅がせることもあったという。


関連記事:結婚式目前で移籍先に呼ばれたサッカー選手 衝撃のプランを決行しファンは混乱

 

■どんどん惨めな気持ちに

「お前からはニンニクのニオイがプンプンする」などという悪口を言われても、耐えていたモハメドさん。しかし同僚は、「辞職するべき」とまで言い放つこともあった。

なおモハメドさんは、アジア系で同性愛者。白人の同僚に比べて「自分に対する扱いが悪い」と職場に不満を抱くようになり、トラブルの原因は差別と偏見だと考えるようになった。


■自閉症という診断も

悩んだモハメドさんが専門家に相談したところ、「あなたには自閉症がある」という診断が下された。それもあって職務を制限されたモハメドさんは、ほどなくして辞職に追い込まれてしまったという。

そのことに納得できずにいるモハメドさんは、「人種・障害・性的指向などを理由に差別された」「偏見を持たれた」と主張し、ロンドン警視庁に対する不当解雇の申し立てを行った。


■証拠の提示が決め手か

雇用審判所は、「『警察が性的指向や宗教に基づいて偏見を持ち、さらに人種を理由に差別した』と言うが、モハメドさんにはそれら事実の確認ができていない」と指摘。証拠に乏しく判断ができない状況だとみられており、来月はさらにモハメドさんの主張を審議する予定だという。

職場での人間関係は、こじれると深刻なトラブルに発展することがある。ただ第三者を交えて解決を目指す、上司に相談してみる、また思い切って転職するといった道もある。悩んでいる人は無理をせず、周囲に相談しながら自分に最も合う方法で対処していただきたい。

・合わせて読みたい→ヒトラー崇拝の女が釈放決まり論争勃発 「危険思想」は罪になるのか…

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

職場の人種差別を解消する5つのステップ DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文【Amazonでチェック】

警察官話題差別自閉症不当解雇障害翻訳記事人種性的指向雇用審判所
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング