王林の魅力が後から理解できる理由 想像力・誠実さ・スタイルのギャップ

王林の真面目さと『IPPON女子グランプリ』での活躍によるポテンシャルを詳しく考察。

2022/11/20 16:15

王林

昨今、 女性タレントの王林が改めてブレイクしている。 たとえ以前は好きでなくても、 知っていくうちに理解できる、王林のじつは深い魅力について考察したい。



 

■ 『IPPON女子グランプリ』

王林が、ここにきて改めてブレイクしている風潮。王林が再評価される重要なきっかけが、 土曜プレミアム『まっちゃんねる』(フジテレビ系)で開催された『IPPON女子グランプリ』「女性タレント版」だ。

優勝は滝沢カレンであったものの、じつは、ネット上でも称賛されたのが王林であり、注目されたのがフリーアナウンサーの神田愛花。

実際、滝沢は神田が場をかき回す中、ラストの「かわいくないことをかわいく言ってください」のお題で着実にポイントを稼いでの優勝だった。全体を通して、インパクトを残したのが、神田と王林だった。


関連記事:滝沢カレン、『IPPON』で悔しかった回答を熱弁 「スゴくないですか?」

 

■王林の豊かなボケ回答

王林は、じつに多様なボケ回答で笑いの才能を発揮する。「壁ドン以上のキュンキュンを教えてください」というお題に対し、トイレを先に優先してくれる人が好きなので「膀胱爆大男」、というボケの勢いと言語センスを発揮。

「コンパで横の席になったケンタウロスを褒めてあげてください」というお題に対し、「終電逃しても大丈夫ですね」や「何頭身ですか?」と、発想の豊かさや想像力を見せる。

「何頭身ですか?」には、松本人志も「王林やるなー」と呟き、麒麟・川島明も「画が見えてる」と評価。


■「IPPON女子GP」の成果

同企画は、王林と神田の秘めたる才能を明らかにすることに成功した。神田の無軌道なボケの乱打は、神田の未知数のポテンシャルを示し、来年からのお昼の帯番組『ぽかぽか』(フジテレビ系)のMCに神田を就任させるに至ったのだろう。

神田のボケの自由さと破壊力と「女性タレント版」という属性により、同企画は通常の『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)の形式性を打ち壊し、『内村プロデュース』(テレビ朝日系)のような大喜利の自由さを獲得していた。

通常の『IPPON』より同企画が面白かったという声も大きい。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■王林のお笑い能力
お笑いフジテレビ大喜利松本人志青森テレビ朝日津軽弁日テレ麒麟滝沢カレン神田愛花川島明IPPONグランプリ王林内村プロデュースまっちゃんねるおしゃれクリップIPPON女子グランプリぽかぽか青森中央学院大学津軽大泉常長
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング