運動部コーチが更衣室で女子生徒を盗撮し実刑判決 「保存した画像は600枚以上」

裏切られたショックで精神的に不安定になり、苦しんでいる女性も…。

2022/11/23 15:00

更衣室・ロッカールーム・部室

立派で熱心なアシスタントコーチとして生徒たちに慕われていた男が、とんでもない行動に及んだ。このほど実刑判決を下された男について、『Fox News』などアメリカの複数メディアが伝えている。



 

■コーチによる驚きの行動

アメリカ・カリフォルニア州で暮らすデヴィッド・アーサー・ライデン(53)という男が、2015年に高校のフットボール部アシスタントコーチに就任。熱心に指導して生徒たちと信頼関係を築いたが、その一方で女子たちに対しては色気を感じるようになった。

そこで男は頭をひねり、女子生徒たちが使用する更衣室にスマートフォンの充電器型カメラを設置。生徒たちを盗撮し、画像などを眺めるようになった。


関連記事:女教師がいじめっ子グループに金銭渡し暴力を教唆 「あの生徒をボコボコにして」

 

■事実が発覚し警察沙汰に

しかし昨年、男と同じ高校で勤務する職員が充電器を発見し、盗撮用の小型カメラであることに気づいた。「女子更衣室に隠しカメラがあった」という連絡を受けた警察が男の身柄を確保し、さっそく取り調べを開始した。

その結果、男は実に600枚以上の盗撮画像を保存していたことが判明。被害者の数は21人だというが、実際の数はこれをはるかに上回る可能性があるという。


■下された実刑判決

今年10月、男は司法取引に応じることに。「未成年者の写真をこっそり撮影しました」「保存した画像は600枚以上です」と認め、懲役9年4ヶ月の実刑判決を下された。

また男は性犯罪者リストに登録され、期間については「終身が妥当」と判断された。


■衝撃を受けた生徒たち

男の逮捕、そしてその後の判決について知った多くの生徒と保護者たちは、大変なショックを受けているという。

元生徒のひとりは「熱心で善良な人だと思っていたのに裏切られてしまったのです」「コーチのせいで私は人を信用できなくなりました」とコメントし、不安障害や鬱に苦しんでいると明かした。

なお学校側は「引き続き生徒たちをサポートします」「(教職員・生徒の)プライバシーを侵害する行為は決して容認しません」と発表しているが、被害を受けた生徒たちの心の傷はまだ癒えていない。

・合わせて読みたい→男子高校生が教室の座席めぐり大喧嘩 仲裁した校長が逆恨みされ殺人未遂事件に

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

盗撮をやめられない男たち (扶桑社BOOKS) 【Amazonでチェック】

盗撮カメラ高校話題フットボール充電器実刑判決コーチ更衣室翻訳記事不安障害
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング