10代女性店員が客に顔を殴られ眼球摘出に 「同僚の弟を守りたかった」と告白

拳で殴られたせいで大事な目が…。勇気ある女性が重傷を負った。

2022/11/25 07:00

目・女性・絶望

からまれて困っている障害者を助けようと、荒れた様子の男に近づいた女性スタッフ。その結果あまりにもつらい経験をしたことを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■ファストフード店でトラブル発生

12日、アメリカ・カリフォルニア州の人気ファストフード店に、障害を持つ少年が現れた。兄がその店で働いているため、シフトが終わるのを待って合流しようと考えていたのだ。

しかしこの日、店にいた若い男たち4名が少年に接近。1名が「こいつ、ボコボコにしてやろうか」などと脅し始めたため、店で働いていたビアンカ・パロメラさん(19)が注意することにした。


関連記事:日本一ピザ職人と人気スーパーが手を組み「究極のピッツァ」完成 衝撃の内容とは

 

■「やめて」と声をかけた店員

ビアンカさんは暴言を吐く男に近寄り、「正しい行動ではありませんよ」「やめてください」と注意。その瞬間に男は拳を振り上げ、ビアンカさんの顔面に強烈なパンチを食らわせた。一発ではあったが凄まじい衝撃だったため、つけていたメガネとヘッドセットは吹っ飛んだ。

この騒動に驚いた他の客たちも入り混じり、大喧嘩が勃発。ビアンカさんは必死に男から離れ、男も仲間3名と車に飛び乗りその場から逃走した。


■病院で治療を受けたが…

暴行を受け顔面に重傷を負ったビアンカさんは、病院に行き緊急手術を受けた。医師は「右の目は救えない」と診断し、眼球を摘出するしかなかった。

事件を回顧したビアンカさんは、「介入を心底後悔しているわけではないのです」「(もし私が助けに行かなかったら)同僚の弟がもっとひどい目にあった可能性があるのですから…」と話している。なお警察は、まだ容疑者の特定・逮捕に至っていない。


■称賛の声が続々

この件についての報道に多くの人が驚き、「勇敢ですばらしい」と正義感あふれるビアンカさんを称賛。スタッフが警備にあたらねばならない職場を「ひどい」と批判する声、また「ビアンカさんが気の毒すぎる」「犯人は人間のクズ」といったコメントも、インターネットに多く書き込まれている。

まだ19歳。人生これからというときに、ビアンカさんは大変な目に遭ってしまった。今後必要になる莫大な医療費を用意するため、家族は寄付を募る活動を開始している。

・合わせて読みたい→眼球摘出した女性がクリスタルの義眼をオーダーメイド 「輝いていたい」と願い…

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書) 【Amazonでチェック】

店員手術話題正義感ファストフード医療費眼球翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング