「写真と全然違う」話題のウーバーイーツの肉寿司 マニアが言葉を失った…

ウーバーイーツで肉寿司を注文。食べてみた感想を忖度なしでレビューする。

2022/11/29 17:15

ウーバーイーツ

自宅にいながら様々なジャンルの料理を食べられるUber Eats(ウーバーイーツ)。その中に「写真と全然違う」と評される肉寿司を発見。実際に頼んでみると…。


画像をもっと見る

 

■深夜に利用可能なお店

コロナ禍で身近になったフードデリバリーサービス「Uber Eats」。アプリを開くと、美味しそうな料理の写真がズラッと並んでいる。ただ、中にはメニューの写真と実物が異なるお店も…。

今回、記者が見つけた肉寿司を提供するお店もその一つ。件のお店は、主に22時から朝5時の深夜帯に注文可能な宅配専門店だ。

ウーバーイーツ

メニューには、レアでサシが入った鮮やかな赤色の肉が載っており、オーソドックスな握りから丼まで種類豊富。値段は握り9貫で3,350円と少々高めだが、夜食でこのレベルの肉寿司が食べられるのであれば全然ありだ。

記者はステーキや焼肉などを好む肉マニア。このお店に惹かれないわけがない。


関連記事:「写真と違いすぎ」酷評の牛タンをウーバーイーツで注文 食べたマニアが凍りついた…

 

■「写真と全然違う」

ネットでお店の評判を調べると、「美味しかった」と絶賛する声もあるが、「写真と全然違う」「焼き方がメニューと違いすぎ」といった声も見受けられる。写真と異なるか否かは実際に頼んでみないと分からない。

11月下旬の深夜、小腹が空いたため夜食がてら頼むことにした。どれも魅力的で迷ったが、ローストビーフたれ3貫、牛カルビ2貫、牛サガリ2貫、和牛さしとろ2貫の計9貫の握りの盛り合わせ「錦」をオーダー。

この日は割引が適用され、通常3,350円のところ2,680円に。待つこと30分、運ばれてきた品を見て言葉を失うのだった…。


■写真にあるはずのものが…

ウーバーイーツ

ウーバーイーツ

メニュー写真よりだいぶ火が入っており、写真のようなサシが入っていない。この辺りは鮮度を保つために仕方ないのかもしれないが、付け合せのガリがなぜか柴漬けのような漬物に変更されるなど、メニュー写真とのギャップを感じてしまう。

だが、肝心なのは味。別皿でステーキソースとわさびが付いてくるので、こちらに付けて食べることにした。

ウーバーイーツ

まずはローストビーフからいただく。柔らかく、濃厚でほんのり辛いたれで味付けされた肉とご飯の相性が抜群だ。

ウーバーイーツ

舌鼓を打ちつつ、カルビを頬張る。味は悪くないが、筋があって硬い…。

ウーバーイーツ

気を取り直してサガリを食べるも、こちらもカルビ同様噛み切れない。こうも固い肉が続くと言葉を失ってしまう。


■記者が気になった点は…

ただ、入っているネタすべて固いのではなく、一部噛み切れないものがある程度。最後に和牛さしとろを食べる。

ウーバーイーツ

口に入れた瞬間、ジュワッと肉汁があふれて堪らない…。今回の盛り合わせの中で一番美味しかった。

全体的に味はそこまで悪くない。ただ、柔らかい肉・固い肉と差が激しい。これだと、人によっては固い肉ばかり当たってしまい「もう頼みたくない」と思われてしまう可能性がある。

下処理の段階で肉の繊維を断ち切るなど、何らかの対策が必要だと思う。

・合わせて読みたい→「死にかけの豚肉」酷評のしゃぶしゃぶをウーバーイーツで頼んだ結果

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

本格的な握りを…【Amazon】

出前肉寿司ウーバーイーツUber Eatsウーバーメニュー写真
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング