大島由香里、女子アナカレンダーの裏側を語る 安東弘樹は管理者の苦労を告白

安東弘樹と大島由香里が女子アナカレンダーの裏側や苦労を告白した。

2022/12/02 00:00

大島由香里

1日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、大島由香里と安東弘樹が女子アナカレンダーの裏側を語った。



 

■女子アナカレンダーをトーク

番組は2023年の女子アナカレンダーについて特集。フジテレビはJJとコラボした華やかなものを発売し、テレビ朝日もセルフプロデュースしたカレンダーを出すが、TBSは制作しないのだという。

この件に元TBSアナウンサーの安東弘樹は「元々いろんな編纂を経ていまして、TBSは。元は男女関係ないカレンダーを作っていて、いつのまにか女性カレンダーになったんですが、ある意味英断」とコメントした。


関連記事:大島由香里、フジテレビアナウンサー時代の苦労を告白 「全部自分で…」

 

■安東が管理者側の苦労を告白

安東はさらに「僕がマネジメントをやってたときに、誰まで載せるかという会議があったんですよ、カレンダーに。全員は載れないので。じゃあ学年で決めるのか、何年度入社まで載せるかとかっていう」と振り返る。

続けて「しかも研修のときには、『タレントじゃないぞ』みたいな、教えをするんです、TBSは。『タレントさんじゃないんだから勘違いするな』と言いながら、撮影日を決めてメイクを決めてって」とコメント。

そして、「矛盾みたいなものを、TBSは強く感じていたのかもしれないです。だったらやめたほうがいいという。想像ですけどね。ただこれ、マネジメントデスクの労力はちょっと減って、羨ましいなと思います」と話した。


■大島が裏側を語る

大島はフジテレビの女子アナカレンダーについて「例えば誰までかみたいのだと、だいたい年次でいうと10年目ぐらいまでで、同期全員結婚したら卒業みたいな、それぐらいのイメージです」と語る。

続けて「だいたい1カ月1人か2人っていう感じですね。割り振りはとくに…。私はなぜか毎年12月に1人で担当するっていう。なんでしょうね、時間的にもやっぱり夜のニュースをやっていたから、最後のほうなイメージなのか、12月がやたらと多かった」と振り返った。


■やりたくない人も…

ナジャ・グランディーバが「12月は花形なイメージ」と話すと、「私は決してメインではなかった。やっぱり『めざましテレビ』とかのメインを張っている人が中心になって、その年次から下の若手っていうイメージはありました」と大島。

続けて「参加するほうもモチベーションのムラというか、濃淡がすごくあると思うので。できればやりたくないっていう人も、多分いたとは思う」と持論を展開していた。

・合わせて読みたい→みのもんたの”銀座の遊び方”に安東弘樹が異論 「ハメを外すところではない」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

フジテレビTBSバラいろダンディナジャ・グランディーバ安東弘樹大島由香里女子アナカレンダー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング