どう見ても老舗な寿司屋、右下の情報が予想外すぎる… 「歴史の重み」にツッコミの嵐

老舗感がスゴい寿司屋の写真、何かがおかしい…。写真内に記された「数字」に、ツッコミの声が寄せられているのだ。

2022/12/07 04:45

SNS全盛の現代において、情報の書き換えスピードは過去のどの時代よりも早くなっているといえる。しかしそうした時代にあっても、やはり「老舗」の2文字が持つ説得力はやはり別格。

以前ツイッター上では「老舗っぽい寿司店」の意外すぎる正体に、ツッコミの声が多数寄せられていたのをご存知だろうか…。

【話題のツイート】どう見ても「老舗」と思いきや…?


画像をもっと見る

 

■記された「創業日」に目を疑う…

まず注目したいのは、「すき家ガチ勢」として名を馳せるツイッターユーザーのマナリスさんが投稿した1件のツイート。

有楽町かきだ

こちらの投稿には「昨日行ったお寿司屋さん。めっちゃ老舗感あるのに、バリバリ令和4年の写真である」と綴られており、添えられたモノクロ写真に目をやると、「明治〜大正に創業しました!」と言わんばかりの趣を感じさせる店舗、並びに従業員の姿が確認できたのだ。

有楽町かきだ

一体何を言っているのだろう…と首を傾げつつ、写真の右下を見ると…そこには「創業令和4年7月9日」と、衝撃的な日付が添えられていたではないか。


関連記事:有吉弘行、松村邦洋の“後輩への奇行”に爆笑 馴染みの寿司店に連れて行き…

 

■「創業4ヶ月の歴史」にツッコミ続出

少なく見積もっても「昭和」かと思いきや、まさかの「令和」に撮られたことが判明した件の写真は、多くの人々に衝撃を与えている。

前出のツイートは投稿から数日で1万件以上ものRTを叩き出し、他のツイッターユーザーからは「こういうジョークめっちゃ好き」「創業4ヶ月の歴史の重みが感じられるな」「駄目だ、何度見ても笑える」「『昭和』の間違いじゃないかと、何度か見直してしまった」といった反響の声が相次いでいたのだ。


■それにしても大将、ノリノリである

有楽町かきだ

ツイート投稿主・マナリスさんは東京有楽町にある寿司店「有楽町かきだ」にて、こちらの写真に遭遇したという。

そこで今回は話題の写真および店舗の詳細を尋ねるべく、同店の大将に話を聞いてみることに。まずは全体から「老舗のオーラ」を発している写真の正体を確認すると、こちらは「バキバキ童貞」ならぬ「ゴリゴリ合成」であったことが判明。

有楽町かきだ

大将の口からは「お店のある有楽町ビルは、オープン当初より建て壊しが決まっていました」「折角だから思い出に残る写真を撮影したい…ということで、店の前で昭和・大将風に老舗感が出るよう、ゴリゴリに合成してもらったのが、あちらの写真になります」という、ノリノリすぎるエピソードが語られたのだった。

有楽町かきだ

なお、どれほどゴリゴリか確認したところ、レトロ感を底上げしている「米俵」や「自転車」などのアイテムも全て合成とのことで、予想を上回る「ゴリ合」具合である。

続いては、もうじきめでたく「創業5ヶ月」を迎える有楽町かきだの詳細について尋ねると、こちらでも衝撃のエピソードが…。

こんな寿司もあるのか…【Amazon】

次ページ
■「店舗オープン」までの道のりがスゴい
寿司ツイッター話題寿司屋老舗有楽町かきだ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング