4個に減った薄皮パン、衝撃の事実明らかに… 「これぞ神対応」とユーザー大歓喜

「事実上の値上げ」と嘆きの声が上がっていた『薄皮パン』シリーズに、衝撃の事実が判明。その実態が「素晴らしすぎる」と話題に…。

2023/01/05 16:25

多くの商品の値上げがアナウンスされ、年始早々あまり良くないムードが漂っている2023年。しかしツイッター上ではなぜか、事実上の値上げが発表されたはずの商品に「素晴らしい」と、称賛の声が寄せられているのだ…。

【関連記事】店頭で遭遇したランチパック、なぜか人々をビビらせる 「こっちの点数」が貯まると…


画像をもっと見る

 

■「金額はそのまま」でも値上げになるケース

一言に「値上げ」といっても、その形態は様々。最もベーシックな値上げは商品の「値段」が上昇することだが、金額は据え置きで「内容量」を減少させての販売も、消費者からすれば「事実上の値上げ」である。

多くの企業がこうした変更点を事前にアナウンスしている中で、ときには内容量の減少がアナウンスされないケースも見られ、こうした事象は「ステルス値上げ」という蔑称のもと、消費者から忌み嫌われているのだ。


関連記事:店頭で遭遇したランチパック、なぜか人々をビビらせる 「こっちの点数」が貯まると…

 

■5個入り→4個入りの変更はデカい…

原材料価格の高騰やエネルギーコストの上昇などを理由に、山崎製パンは1日出荷分より、大人気商品「薄皮シリーズ」の内容量を変更すると発表。

山崎製パン

これまで5個入りだったパンの数が4個に減少し、年明け以降は各地のスーパー店舗売り場にて「5個入りパン」と「4個入りパン」が混在する…という、まるで「歴史の節目」から眺めているかのような光景が散見され、ネット上にどよめきが走っていた。

「5個入りのパンと4個入りのパンを同じ売り場で、同じ価格で売るのか…」といった疑問の声も少なからず上がっていたのだが、現在ではなぜか、山崎製パンに対する称賛の声が続出している。


■むしろパンは「増量」していた?

とあるツイッターユーザーが5個入りと4個入りの「薄皮つぶあんぱん」を購入し、総重量を計測したところ、なんと両商品の重量は「ほぼ全く」といって良いほど変わらないと判明。それどころかパン1個当たりの重量を計測すると、4個入り商品のパンの方が10gほど重いことが明らかになったのだ。

世紀の発見を受け、ツイッター上では「隠れた企業努力、素晴らしい」「4個入りのパンの方が満足度高かった気がしたんだけど、これが理由か…」「流石、おれたちの山崎製パン!」といった称賛の声が続出する事態に。

また、前出のように「ひっそりと改悪」を行なう企業も珍しくない中で「ひっそりと改良」を行なった点も評価を集めており、「自分からアピールしないのはイケメンすぎる」などの意見も多い。

…とはいえ、こうした商品は各工場で製造・出荷されているもの。話題となったツイート主の計測した商品が「たまたま内容量の多い商品だった」というケースも捨てきれない。

そこで今回は「薄皮シリーズ」イメチェンの真偽をめぐり、山崎製パンに詳しい話を聞いてみることに。


■山崎製パン、神対応すぎる…

まずはストレートに、パン1つ当たりの重量が増加しているかの真偽について確認すると、こちらは「事実」であると判明。

山崎製パン

ことの経緯について、山崎製パン担当者は「パン1つ当たりの『満足度』を高めるべく、増量を図りました。全ての『薄皮シリーズ』に同様の対応を施しており、商品によって増加量は異なりますが、『薄皮つぶあんぱん』につきましては約1割ほど増量しております」と、詳細を語ってくれたのだ。

補足しておくと、1つ当たりの重量は増加しているものの、商品個数自体は減少しているため、商品1パック当たりの総重量は「据え置き」でなく「微減」となっている。そう説明してくれた担当者は申し訳なさそうな表情を浮かべていたが…真摯な企業努力に、こちらの頭が下がる思いだ。

山崎製パンはさらに「今回話題となった『重量が変わらない』という点については、パンの個体差によって標準より大きめのものと小さめのものが比較されたため、と考えております。このたびは、お騒がせしてしまい申し訳ございません。今後もお客様に喜ばれる製品の提供に努めて参ります」と、どこまでも真っ直ぐなメッセージを寄せてくれた。

山崎製パン

「高い満足度」を備えて転生した「薄皮シリーズ」を、ぜひ店頭で手にとってみてほしい。

・合わせて読みたい→ローソン、“夏を意識しまくったパン”に衝撃走る 「美味しすぎて感動」の声も

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

まだ「5個入り」が買えるケースも【Amazon】

パンツイッター話題あんパン山崎製パン薄皮パン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング