悪魔教の集会イベントに「マスク着用」義務 ワクチン接種証明書も必要

「歴史上最大の悪魔集会」では意外にも“他者への思いやり”が見られる? 悪魔崇拝団体が新たなイベントを計画。

2023/01/13 06:30

マスク米国を拠点とする宗教団体『The Satanic Temple(悪魔の神殿)』が開催を予定している「歴史上最大の悪魔集会」への参加には、マスクの着用およびワクチン接種など「他者への思いやり」が必須だという。『Fox News』『Daily Star』などの海外メディアが報じている。



 

■大規模イベントを開催予定

The Satanic Temple(以後、TST)は今年4月、設立10周年を祝うためのイベント「SatanCon(サタン・コン) 2023」の開催をボストンで予定している。

同イベントではパネルディスカッションやレクリエーションのほか、悪魔の儀式、悪魔の結婚式、悪魔のフリーマーケットなどが行われる予定だ。また、団体の声明によると参加者は皆マスクの着用が義務付けられ、ワクチン接種証明書を提出する必要もあるという。


関連記事:藍沢ナナミ、超ミニセーラー服で誘惑 黒水着でM字開脚も…

 

■悪魔崇拝ではない?

TSTは米国のほかカナダやオーストラリア、ドイツなどにも支部があり、信者たちは彼らの教義を「思いやりのあるサタニズム(悪魔崇拝)」「現代のサタニズム」などと呼称している。

じつはTSTは実際に悪魔を崇拝しているわけではなく、無神論者のための非神教の宗教団体。平等や社会正義のために、あえて悪魔のイメージを用いているのだという。

『西洋人の無神論 日本人の無宗教』【Amazonでチェック】

次ページ
■ボストン市議会を挑発
宗教ボストン悪魔翻訳記事宗教団体悪魔崇拝サタニズムThe Satanic TempleSatanCon
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング