更衣室で裸のトランスジェンダー女性と遭遇した少女 施設に苦情申し立て「叱られた」

「女性として生まれた人たちの権利はどうなるの?」という声も…。

2023/01/17 05:30

更衣室・シャワールーム

女性として生きるトランスジェンダーの人物が、女子更衣室で裸に。その姿を見て「男性だ」と思い隠れたという少女が、施設に苦情を伝えた。しかし逆に説教されていたことを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■衝撃を受けた少女

アメリカ・カリフォルニア州で暮らすレベッカ・フィリップスさん(17)が、先日ある施設で水泳を満喫。シャワーを浴びて更衣室に戻ったところ、裸の“男性”がいたためひどく驚いた。

怖くなったレベッカさんは、薄っぺらいカーテンの裏に隠れて“男性”が出ていくのを待つしかなかったという。この“男性”は、男として生まれたが女性として生きるトランスジェンダーの人物だった。


関連記事:「トランスジェンダーと同じ更衣室はイヤ」 不満訴える女子部員に学校の措置は…

 

■施設職員に話をしたが…

レベッカさんは施設職員にその日の出来事について相談したが、「すべてのトランスジェンダーの女性に女子更衣室を使用する権利があります」と、きつく言われただけだったという。

そこでレベッカさんは自治体の会議に出席し、「あの施設では、成熟した“男性”が10代の少女の横でシャワーを浴びることを許可されています」「なのに(職員に叱られ)、まるで自分が悪いことをした気分になってしまいました」と主張した。


■少女の願い

“男性”だと思った人物が、女性として生きるトランスジェンダーの人物だと知ったレベッカさんは、「すべてのトランスジェンダーの女性に女子更衣室の使用を許可することはやめてほしい」と自治体に懇願した。

また「この施設は何百人もの子供が利用します」「私の妹もここで体操のレッスンを受けています」「妹が友達とおしゃべりし、シャワーを浴びて着替えても安全な場所であるべきです」と、涙を堪えながら主張した。


■施設側の言い分

この件について、施設側は「更衣室で何があったかは把握しています」「メンバー全員の安全と安心が私どもの最優先事項です」と声明で発表。ジェンダーについては、法律や州が定めたガイドラインなどに従っていることも明かした。

トランスジェンダーのなかにも、ゲイやレズビアン、バイセクシュアルなどさまざまな性的指向を持つ人がいる。また体は生まれた性のままという人も少なくないのが現状だ。

よって女性たちからは、「男性器がついている人の横で安心して着替えはできない」「トランスジェンダーの権利を守るのは本当に大事だが、女性として生まれた人の権利も守り気持ちを理解してほしい」という声があがっている。

・合わせて読みたい→トランスジェンダー女性が服役中に睾丸を自力で切除 性転換望み衝動的な行動に

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

トランスジェンダーの原理 (ポット出版プラス) 【Amazonでチェック】

自治体話題権利トランスジェンダー更衣室翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング