”電子レンジ5分でできるカレー”が最強 「天才的発想」絶賛の声相次ぐ

電子レンジであっという間にできるカレーが話題に。実際に作ってみると…。

2023/01/20 04:15


レンチンカレー

大人から子供まで大好きなカレーライス。食べる分には文句のつけようがないメニューだが、いざ作るとなると話は別で、面倒に感じる要素も少なくない。

いまネット上では、レンジであっという間にできるカレーが反響を呼んでいて…。

【関連】”たこ焼き器で作るハンバーグ”が最高すぎる 「天才の発想」ネット上で絶賛の嵐


画像をもっと見る

 


 

■「レンジで5分」のカレーが話題

話題になったきっかけは、あるツイッターユーザーの投稿だった。その内容は、耐熱容器に豚バラスライス、玉ねぎ、ぶなしめじ、カレールー、水を入れて、500W(ワット)の電子レンジで5分温めれば、1人前のカレーができるというもの。

カレーはかねてから家庭で作れる代表的な料理の一つだが、材料を切って炒めて、煮込むなど意外に時間がかかる。特に、洗い物が大変という大きな問題が…。鍋底にこびりついたカレーがこすっても中々落ちず、うんざりしてしまう人も多いはず。


関連記事:「レトルトカレー」注目の3選 簡単調理で非常食にもおすすめ

 

 

■ネット上では絶賛の声

だが、この方法を使えば、作る時間も洗い物も最小限で済む。

ネット上では、「思い立った時にすぐカレー食べられる」「今日作ったけどめちゃくちゃ楽だった」「一人暮らしにはピッタリかもしれない」「これは天才すぎる。絶対作るわ」など、絶賛する声が続出している。

これは実際に試してみるしかない。1月中旬、スーパーで必要な食材を購入し、作ってみたところ、衝撃を受けるのであった…。


関連記事:「大塚食品のカレー」おすすめ3選 進化するレトルトカレーを堪能

 

 

■気になる作り方は…

レンジカレー

材料は豚バラスライス約80グラム、玉ねぎ4分の1、ぶなしめじ10本、カレールー1個、水100ミリリットル。容器に肉、玉ねぎ、しめじ、カレールーを乗せる。

レンジカレー

最後に水を入れてラップをしてレンジで5分加熱。3分経ったところで、レンジの中からカレーのいい匂いが立ち込めてくる。

レンジカレー

レンチンカレー

加熱し終えたら、ルーが固まらないよう全体をよく混ぜて完成だ。ご飯もレンチンのものを使ったので、10分もかからずにできてしまった。

レンチンカレー

見た目は鍋で煮込んだカレーと大差ない。具材もしっかり火が通っている。


関連記事:カズレーザー絶賛の「台湾まぜそば風そうめん」に衝撃 味のレベルが高い…

 

 

■食べてみて気付いたことは…

レンチンカレー

食べてみると、予想以上にコクがあって驚いた。玉ねぎは甘く、肉もしっかり火が通ってジューシー。しめじを入れたことできのこの旨味が出たのか、単調な味にならず深みのある味になっている。

レンジカレー

味は文句なしだったが、ルーに関しては少々気になった点も。全体的に水分が少なく、ややドロっとしていたので、人によっては水を増やしてもいいかもしれない。また、できあがったら豚肉にきちんと火が通っているか確認し、赤い部分があったら再加熱するのを忘れずに。

今回は容器から皿に移したが、洗い物を極限まで減らしたい人は完成したカレーに直接ご飯を入れてもいいだろう。鍋を使わず、最小限の手間でできる「レンチンカレー」試す価値ありだ。

・合わせて読みたい→カズレーザー絶賛の「台湾まぜそば風そうめん」に衝撃 味のレベルが高い…

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

家で本格カレーを食べるなら…【Amazon】

カレーツイッター電子レンジカレーライスお手軽料理
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ