”キモいおじさん”発言、6割がヘイトスピーチと認識 専門家も「名誉感情を侵害」

昨今、SNSなどで頻繁に見かける「キモいおじさん」「キモいおばさん」といった発言。世間の印象を調査した。

2023/01/24 05:45

キモいおじさん

断片的な言葉を投稿するため、誤解や対立が起きやすく、拡散しやすいソーシャルメディア(SNS)。最近、ツイッターを中心に頻繁に見かけるのが、「キモいおじさん」「キモいおばさん」という苛烈な言葉だ。


画像をもっと見る

 

■「キモいおじさん論争」が勃発

「キモい」は気持ち悪いの略語で、主観的に見た生理的嫌悪感を意味する形容詞である。こうした厳しい言葉のぶつけ合いになっているSNSの状況について、ひろゆきこと西村博之氏も危惧。

「『キモイ』と内心で感じるのはいいと思います。ただ、他人に『キモイ』と公言するのを許容するのは、『キモイおばさん』と公言する人も許容することになります。『キモイおじさん』『キモイおばさん』と言い争うのは”マシな世界”とは思えないおいらです」と警鐘を鳴らしている。

インターネット空間を殺伐とさせる「キモいおじさん」「キモいおばさん」という言葉だが、いわゆるヘイトスピーチには当たらないのか。世間はどのような印象を抱いているのだろうか。


関連記事:渡辺直美、意中の男性の存在を告白 「これ付けたらキモいかな?」

 

■6割が「おじさん・おばさん」ともヘイト

Sirabee編集部は、全国10〜60代男女1,000名を対象に調査を実施。「キモいおじさん」「キモいおばさん」という言葉について、それぞれヘイトスピーチに当たると思うかどうか意見を聞いた。

キモいおじさん・キモいおばさん

その結果、全体の60.6%は、「キモいおじさん」「キモいおばさん」のいずれについても「ヘイトスピーチに当たると思う」と回答。

「キモいおじさんはヘイトだがキモいおばさんはヘイトではない」との回答は2.3%、その逆で「キモいおばさんのみヘイトに当たる」と答えた人は1.0%。「どちらもヘイトスピーチではないと思う」という回答は36.1%だった。

「キモい」という攻撃的な言葉への評価は、対象が男性であっても女性であってもほぼ差が見られない。6割を超える人がヘイトスピーチだと認識していることがわかる。


■女性の視線が厳しい

今回の調査結果を男女年代別で検証してみると、興味深い傾向も判明した。

上記のように極めて少数であった「おじさんの場合だけはヘイト」「おばさんの場合のみヘイト」という回答を除き、「キモいおじさん・キモいおばさんはいずれもヘイトスピーチ」と答えた人は、全ての世代で女性が男性を上回った。

最も割合が高かったのは60代女性で72.7%が「ヘイトスピーチだと思う」と回答。10〜20代女性が72.4%で続く。なお、最も割合が低い10〜20代男性でも44.0%と4割を超えている。

キモいおじさん・キモいおばさん


■専門家も「名誉感情を侵害」

世間の6割以上がヘイトスピーチだと認識している「キモいおじさん・キモいおばさん」といった発言。

法律の専門家にも話を聞いたところ、「『キモいおじさん』等の言葉は、公然と、特定の人に対して発信すれば、その人の名誉感情を侵害する誹謗中傷になる言葉にもなり得る」とのことだ。

SNSを運営するプラットフォーム企業においても、差別的で人を傷つける恐れがある発言・投稿については、適切な対応や取り締まりを期待したい。

・合わせて読みたい→小林礼奈、“おじさん同士”のトラブルにショック 「人相がまるで違った」

(文/Sirabee 編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2023年1月18日~1月21日
対象:全国10代~60代男女1,000名(有効回答数)

ひろゆき流 ずるい問題解決の技術【Amazonでチェック】

インターネットソーシャルメディア誹謗中傷ヘイトスピーチ西村博之ひろゆきキモいおじさんキモいおばさん名誉感情キモいおじさん論争
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング