蛙亭・イワクラ、食リポ「嘘つかないほうがいい」 正直に伝えたい理由は…

芸能人の食リポでの感想は「本当なのか?」との問いに、蛙亭・イワクラは「正直でありたい」と主張して…。

2023/01/25 11:15

蛙亭・イワクラ

24日深夜放送『イワクラと吉住の番組』(テレビ朝日系)で人気女芸人・蛙亭のイワクラが「食リポ」への本音を吐露した。



 

■『久保みね』がゲスト

同番組は個性的な視点を持つイワクラと吉住が、現代社会の心が疲れきった大人達にそっと寄り添うトークバラエティ。

この日はフジテレビ系のバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』から、漫画家・久保ミツロウ氏と能町みね子氏がゲスト出演し、世の中の「テレビ業界の疑問」に4人で答えていった。


関連記事:蛙亭・イワクラ、女性の胸に興味隠しきれず反省 熱視線「バレるんだね」

 

■テレビ業界の疑問

街で「テレビ業界の疑問」をインタビューしていくなかで、23歳の学生・うどんさんは「食リポ」に関する疑問を吐露。自身が好き嫌いが多いタイプのため、「絶対『おいしい』って言うじゃないですか? 実際どれぐらいおいしいと思ってるのか気になります」とイワクラらに尋ねた。

吉住は「目の前にお店の人いることがだいたいなんで、まずいとは絶対言えない」と苦笑。

能町氏は「久保さんめちゃくちゃうまいんですよね、表現力が彦摩呂さん寄りなんですよね」と言及、久保氏は「魂を大事にしてるから。『銀河にいま突き抜けていった』っていう…」と独特な食リポ表現を明かし笑いを誘う。


■ドッキリで逆ギレ

ここからイワクラは、「食リポしたカレーがめちゃくちゃまずい」ドッキリを経験したと振り返る。

「カレー食べてまずすぎて、うぇーって(吐くリアクションになった)」と回顧。同じくドッキリとは知らない相方・中野周平から「そんなこと言っちゃダメやろ」と注意されたが、「ムカついたから『お前これ食ってみろよ』って(言った)」と逆ギレしてしまったと熱弁した。


■正直な食リポ

しかし、そのとき「嘘つかないほうがいいんだなと、まずいときはまずいって言ったほうがいいなって」と気づいたとイワクラは主張。

「これを食べに来ちゃう人がいるから。私が我慢して『おいしいです』って言ったら、私のファンの人とかが来ちゃったりしたら…その人達に嫌な思いさせたくないって気持ちが勝って」とファンのためにも正直な食リポを心がけていると語り、吉住らから称賛の声があがった。

・合わせて読みたい→蛙亭・イワクラの交際報道に吉住が本音語る 視聴者は「最高の友達すぎる」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

孤独のグルメ【Amazonでチェック】

テレビ能町みね子彦麻呂蛙亭吉住食リポイワクライワクラと吉住の番組久保ミツロウ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング