トランスマスキュリンとして生きながら妊娠・出産 「素晴らしい経験だった」

乳房を切除しヒゲも生やしたが、親になる夢も叶えた。

2023/01/26 06:00

男性・妊娠・性同一性障害

「女性として生まれたけれど、私には“男性的”とされる特徴のほうが顕著」であるトランスマスキュリンだと自認していた人物。だが数年前に妊娠し、子供を出産。現在はママというより“パパ”として暮らしていることを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えた。



 

■トランスマスキュリンとしての暮らし

女性器を持って生まれたものの、「自分は男性的」と確信していたダニー・ウェイクフィールドさん(36)は、25歳の頃に「トランスマスキュリン」であることをカミングアウト。その後は男性ホルモンを使うようになり、両乳房を切除する手術も受けた。

しかし完全な男になることは望まず、ダニーさんは「ノンバイナリーかつクィア」として生きてきた。


関連記事:閉経したはずの67歳女性が高齢出産して3年 「娘に絶縁すると言われた日も…」

 

■念願叶って妊娠

そんなダニーさんが、コロナ禍にある男性と一夜限りの関係を持ち妊娠。「いつかは子供を産みたい」と考えていたダニーさんは、親になれることを喜んだ。

「自分のことを女だと思っているわけではありません」「でもだからといって、女性特有の臓器を使えないわけじゃないんです」と話すダニーさんは、妊娠による体型の変化にもすぐに慣れたとのこと。妊娠期については、「これまでの人生で一番美しい経験でした」と振り返っている。


■出産して親に…

2020年にダニーさんは無事に出産し、ひとりで子育てを開始。しかし自分のことは母親とは考えず、どちらかというと父親として子供に接してきたそうだ。

なおダニーさんは生まれた子供の性別についても公表しておらず、どのようなジェンダーを選択して生きるかは子供に決めさせる予定だという。


■性の多様性に戸惑いも

性の多様性については多くの人に認められる時代になったが、「子供が生まれても理解は得られないかも…」「治療が心身にもたらす影響が心配」という意見も決して少なくない。

手術やホルモン療法については「自分の性に違和感を抱く人にとり欠かせないもの」という意見のほか、「慎重に…」「まずはこれまで以上に充実したカウンセリングの実施が望ましい」という声も多くあがっている。

・合わせて読みたい→閉経したはずの67歳女性が高齢出産して3年 「娘に絶縁すると言われた日も…」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

図解ポケット ジェンダーがよくわかる本【Amazonでチェック】

母親父親出産子育て妊娠乳房男性ホルモンコロナ禍翻訳記事ノンバイナリートランスマスキュリンクィア
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング