少子化が止まらない日本と中国 参考にすべきは「フランスの成功例」だ

【舛添要一『国際政治の表と裏』】フランスに学ぶ「異次元の」少子化対策、ここまで発想を転換すれば出生率は上がる。

2023/01/29 07:30


カフェ・子連れ

少子化が日本でも中国でも大きな話題になっている。日本では、岸田首相が「異次元の」少子化対策を行うと明言した。また、小池都知事も、2023年度から所得制限なしに一人5,000円を給付すると発表した。

一方、中国では2022年の人口が、前年から85万人減少し、14億1175万人となった。中国の人口減少は、1961年以来、実に61年ぶりのことである。65歳以上の人口は2億978万人で、総人口に占める割合は14.9%。まさに少子高齢化社会の到来である。

【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む


 


 

■「一人っ子」政策止めても効果なしの中国

1960年代以降に人口が爆発的に増加したため、中国政府は、1979年に「一人っ子政策」を開始し、人口増抑制に成功した。そこで、2015年末にはこの人口抑制策を廃止し、2016年からは2人目、2021年からは3人目を解禁したが、子どもの数は増えないのである。

若い人口が減るということは、働き手が減るということで、経済発展にも悪影響を及ぼす。また、親は一人息子を軍人にしようとはしないので、兵隊さんの数も減ってしまう。安全保障の面からも深刻である。


関連記事:岸田文雄首相の“異次元の少子化対策”に内山信二が異議 「これで本腰なのか…」

 

 

■「合計特殊出生率」が低い東アジアの国々

一人の女性が生涯に産む子どもの数を「合計特殊出生率」という。ある夫婦が2人子どもを作ると、単純再生産となる。

2以上だと、人口は増えることになるが、東アジアの国々は合計特殊出生率が低い。日本が1.34、中国が1.28、韓国が0.84、台湾が1.07、香港が0.87、マカオが1.07である(2020年)。とくに韓国は低く、世界最低である。

東アジアは目覚ましい経済発展で世界の注目を浴びてきたが、人口という観点からは黃信号が灯り始めている。中国はアメリカを抜いて世界一の大国になろうとしているが、アメリカの合計特殊出生率は1.64(2020年)である。将来人口という観点からは、アメリカのほうが中国よりも優位に立っている。

人口は国力の一つの基礎である。世界で、列強(パワー、power)と呼ばれるためには、人口が5千万以上必要である。先進国グループ、G7の中で、この基準を満たしていないのはカナダのみである。


関連記事:デーブ、“異次元の少子化対策”発言にツッコミ 「大きなお友達なら…」

 

 

■出生率を上げるのに成功したフランス

私は、若い頃、フランスに留学し、パリ大学の大学院で勉強した。ヨーロッパでは、フランスが少子化対策に成功している。50年前の話である。その当時、フランスでも少子化が問題になっていたのを記憶している。

フランスは、少子化対策として、家族手当の充実、貧困層の保育料無料化など、様々な子育て支援策を講じていった。その結果、合計特殊出生率は、1993年には1.66だったのが、2020年には1.83に上がったのである。フランスの政策は日本にも参考になる。

注目したいのは、結婚していない独身女性に対しても、生殖補助医療(不妊治療など)が、既婚者と同じ条件で行われることである。戸籍上は結婚しないで、パートナーとして、子育てをしているカップルがたくさんいる。

その結果、婚外子が増え、フランスは、婚外子比率がヨーロッパ第1位の57%となっている。2位はスウェーデンで55%、以下、デンマーク53%、オランダ49%、イギリス48%である。因みに、日本は2.3%である。

舛添要一氏新著『スターリンの正体 ~ヒトラーより残虐な男~』【Amazon】

次ページ
■子育て、とくに教育におカネがかかりすぎる
少子化舛添要一国際政治の表と裏
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ