襲撃事件で亡くした娘の彼氏に母親が涙で感謝 「娘を守ろうとした勇敢な少年」

彼女を守るべく襲撃犯に立ち向かった勇敢な少年に、世間からも称賛の声が続々と。

2023/02/05 06:00

ナイフ

ヒーロー作品にはまる男の子は実に多く、幼少期から本能的に「人々を守るヒーローはかっこいい」という感情が備わっているという説もある。

このたびイギリスで、10代のカップルが街中で突如ナイフで襲われ、少女が殺害される事件が起きた。そのとき少年が大変勇敢だったことを『Daily Mail』や『UK Daily News』が報じ、人々の涙を誘っている。



 

■ナイフを持つ容疑者

犠牲になってしまったのは、イギリス・ノーサンバーランド州のヘクサムに住んでいたホリー・ニュートンさん(15)。1月27日の午後5時頃、交際中の16歳の少年と街中を歩いていたところ、若い男にナイフでいきなり襲撃された。

少年は犯人を取り押さえようと格闘して首を切られ、ひどい流血のなかで近くのレストランに駆け込み、救急車を要請したという。


関連記事:「いつかスーパーヒーローに」と夢見た少年が交通事故死 臓器提供で人々の命救う

 

■母親は「感謝してもしきれない」

少年の抵抗も虚しく、致命傷を負ったホリーさんは搬送先の病院で死亡が確認された。遺族が悲しみに暮れるなか、少年の兄がホリーさんのFacebookに追悼の意をコメント。それに気づいたのは、彼女の母であるミカラ・トラスラーさんだった。

ミカラさんは「あなたの弟さんと交際していた娘は、とても幸せそうでした」と返信。続けて「あの日も、私たちの娘を必死に守ろうとしてくれて、ありがとう。弟さんには感謝してもしきれないわ」と綴っている。


■「最も住みやすい街」のはずが…

事件の現場では、約40キロ離れたゲーツヘッドという町から来た16歳の少年が、駆けつけた警察官により逮捕。殺人、殺人未遂、およびナイフの不法所持などの罪で起訴された。

ヘクサムは2021年、ある不動産のウェブサイトにおいて「イギリスで最も住みやすい街」に選ばれており、この事件による市民の動揺は大きいという。

なお、救急搬送された少年は2時間半にわたる手術が成功し、現在も入院中だが徐々に回復に向かっている。


■善意の寄付が続々と

ダンスに打ち込んでいたホリーさんは、全国大会出場を目指すほどの実力の持ち主だった。ミカラさんは「明るい未来が待っていたというのに、私たちの愛しい、美しい娘ホリーはもういない。この現実を私はいまだ受け入れられません」とつらい胸の内を明かしている。

ホリーさんを追悼し、遺族を慰めようとクラウドファンディングが設定され、1日足らずで目標額の3,000ポンド(約47万円)の寄付が集まったという。

・合わせて読みたい→14歳少年が救急車を盗み8キロも運転 体調不良で入院していた病院から暴走

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

襲撃犯 (実業之日本社文庫) 【Amazonでチェック】

Facebook母親ダンス救急車クラウドファンディング話題イギリスナイフ殺人未遂不法所持ヘクサム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング