太田光、反社勢力の資金獲得に“ジレンマ”指摘 「また別の犯罪を…」

太田光の反社会勢力に関する疑問に、元警察官の回答は。

2023/02/12 13:30

爆笑問題・太田光

12日生放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、爆笑問題の太田光がレギュラー出演。反社会勢力の排除によって、より活動が過激になるジレンマを指摘した。



 

■送還されたルフィ一味

番組はこの日、大きな話題となっている“ルフィ”を名乗る強盗グループメンバーの送還について、番組の冒頭から特集。

スタジオには元警察官の秋山博康氏、小川泰平氏が出演し、犯罪捜査や国際犯罪組織の内情など、さまざまな解説が行われていった。


関連記事:太田光、旧統一教会信者への偏見を心配 「何の悪意も…」「まるで暴力団」

 

■「ジレンマがある」と…

こうした中、太田は「ジレンマがある」として、「暴力団の資金源を断つじゃないですか? そうすると暴力団の資金源がどんどんなくなる」と指摘。

「それだけに、また別の犯罪を発生させるっていうジレンマだと思うんだけど」「これはどういうふうに防いでいったらいいですか?」と小川氏にたずねた。


関連記事:太田光、旧統一教会信者への偏見を心配 「何の悪意も…」「まるで暴力団」

 

■新たな手段が続発

小川氏は暴力団排除条例などによって、いわゆる“シノギ”での資金獲得がしづらくなったと指摘。

この代替手段として振り込め詐欺が台頭してきたことに触れると、「まさか警察がやると思っていなかったことをやり始めた」と述べ、ルフィ一味の強盗にも「今回も、これも後手になっちゃうんですけど、何をやるかわからない」と想定外だったことをにじませた。


関連記事:太田光、旧統一教会信者への偏見を心配 「何の悪意も…」「まるで暴力団」

 

■現状は太田の懸念通り?

しかし、こうした現状には「やられたときには、非常に素早く対応しなきゃいけないんですけど『対応しなきゃいけない』って言いながら、振り込め詐欺も20年近く、これが実際にある」と嘆く場面も。

「未だに、何百億っていう被害がある、続いてるっていう現状がある」として、撲滅する難しさをにじませている。太田が懸念するように、新たな資金集めの犯罪がどんどん出てきているのが現状のようだ。

・合わせて読みたい→太田光、旧統一教会信者への偏見を心配 「何の悪意も…」「まるで暴力団」

(文/Sirabee 編集部・玉山諒太

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

テレビ爆笑問題太田光サンデー・ジャポンルフィサンジャポ反社会勢力半グレ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング