女児の作文から捜査が始まり母親が逮捕 「パパとママがケンカして…」

子供の文章がきっかけとなり、驚きの事実が明らかに…。

2023/02/18 07:00

作文・宿題・勉強

子供の作文、日記、絵などによって、驚くような事実が明らかになることがある。女の子の書いた文章が母親の緊急逮捕につながったことを、『Fox News』などアメリカのメディアが伝えた。



 

■作文にDVに関する記述

アメリカ・テネシー州で暮らす女の子が、幼稚園で作文を書いた。そこには「ママとパパがケンカになったよ。タバコを吸ってばかりのパパにママが『出て行け』と命令したら、パパがママの目をぶん殴ったの」と記されていたという。

さらにケンカする両親の絵も添えてあり、母親がベッドの下に手を伸ばして、いきなり銃を取り出したとも書かれていた。


関連記事:大家族に憧れ「最後にもう1人」と望んだ母親 4つ子を自然妊娠しビックリ

 

■まさかの発砲

このとき母親は銃口を父親に向け、3度も発砲。しかし父親には命中せず、銃弾は壁に当たったのだという。

「ママはパパに『車で寝て』『家に戻ってきたらまた撃つ』と言ったよ」と締めくくられた文章を読んだ園の職員とカウンセラーは、女の子の家でDVが深刻になっている可能性が高いと判断。すぐに警察に連絡して事情を伝えた。


関連記事:コロナ禍で娘と家に引きこもった高齢女性が死亡 腐敗が進んだ状態で発見

 

■女の子の家に警察官が急行

通報を受けた警察官たちが女の子の自宅に行ったところ、家の中にいたのは子供2名(1、4)だけ。母親(28)は外にいたが内側から鍵がかかっていたため、中に入れない状態だった。

そこで警察官たちはガレージのドアを押し開け、内部に突入。親がいない家で1時間半ほど過ごしていた子供たちを保護し状態を確認したが、怪我などはなく元気だった。

また家の内部を確認したところ、居間、寝室、そして廊下の壁にも銃痕があった。父親に怪我はなかったが、母親は目の周りなどに切り傷やアザができていたそうだ。


関連記事:出発を急かされ激怒した夫が妻を攻撃 「クラクションを鳴らされ腹が立った」

 

■逮捕された母親

警察は自宅にあった銃2丁を発見・押収し、母親の身柄を確保。「子供たちがいたにもかかわらず発砲した」と認めており23日にも出廷予定だが、父親が罪に問われるかなどは分かっていない。

なお子供たちのうち2人は祖母宅に、また残る2人はおば宅に身を寄せたというが、心に負っただろう傷を心配する声があがっている。

・合わせて読みたい→出発を急かされ激怒した夫が妻を攻撃 「クラクションを鳴らされ腹が立った」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

「伝わる文章」が書ける作文の技術 名文記者が教える65のコツ【Amazonでチェック】

幼稚園DV話題作文翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング