勝俣州和、『いいとも』スタッフ号泣した伝説の収録告白 「なぜかと言うと…」

勝俣が語ったのは、火曜レギュラーで共演していた久本雅美の芸人魂。母が危篤状態になったが…。

2023/02/22 03:00

勝俣州和

タレントの勝俣州和が21日放送の『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)にVTR出演。14年まで放送されていた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にまつわる秘話を披露した。



 

■母が危篤状態になるも…

今回のゲストは久本雅美。『いいとも!』で火曜レギュラーとして共演していた勝俣は「いいとものスタッフが語り継いでいる、久本さんの伝説」について語り始める。

母が病気で危篤状態になり、出演前日に実家に帰省したことがある久本。翌朝、プロデューサーから電話で「休んでいいですよ」と言われたが「やっぱり『いいとも!』行きます。オープニングには間に合わない。途中からの参加になるけど行きます」とスタジオに向かったという。


関連記事:SHELLY、『ヒルナンデス』復帰を報告 共演者の祝福に「幸せでございます」

 

■久本の芸人魂

その際、久本はスタッフに1つだけ頼み事をした。それは「お客さんの後ろから登場させてくれないか」。「なぜかと言うと、泣き腫らしてるんで、目が腫れちゃってる。それを前から出るとわかっちゃうから」と勝俣は説明する。

号泣していたことを悟られないようにする久本の芸人魂。そして客席から登場すると「遅刻してごめんなさーい! よろちくびー!」と全力で盛り上げた。


 

■スタッフ全員号泣

客席は爆笑。一方でスタッフは「全員号泣してた」そうで「番組というチーム、物を作るチームをすごい大切にしてる」と久本について話した勝俣。

久本は「うちの母が危篤だった。番組を自分のために空けることを嫌がる人なので。『行きなさい』って言われて行った」と明かし「後で聞きました。みんな号泣してたって。それを聞いて私も泣いちゃった」と振り返った。

・合わせて読みたい→勝俣州和、和田アキ子に「噛みつき」を始めた理由を告白 「潰すって言われて…」

(文/Sirabee 編集部・RT

6/1(木)9:00から先行セール開催!「Amazonタイムセール祭り」詳細はこちら。

勝俣州和久本雅美笑っていいとも!証言者バラエティ アンタウォッチマン!
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング