「鳴き声がうるさい」と隣家の犬を生き埋めにした女が逮捕 救出はされたが…

当局に相談して対処してもらうといった方法を思いつく前に、女は「犬を殺して騒音から開放されよう」と考えたようだ。

シャベル・穴掘り

高齢女性は優しく温厚。そんなイメージが壊れる事件が起こってしまった。80代の女が隣人の犬を生き埋めにして逮捕されるまでの経緯を、『The Sun』など海外メディアが伝えている。



 

■犬を巡る隣人トラブルが勃発

ブラジルで暮らす女性(33)が、隣の家で暮らす女(82)に「お宅の犬の鳴き声がうるさいんだよ」と文句を言われ、困っていた。

そんなある日、女は再び女性宅を訪問。「庭に穴を掘って、あんたの犬を埋めてやったよ」「鳴き声がうるさくて夜も眠れなかったからさ」などと吐き捨てるように言った。


関連記事:飼い主の「この犬は子供好き」発言を信じた女児 襲いかかられ50針縫う惨事に

 

■焦って庭に向かった飼い主

この話に驚いて庭に飛び出した女性は、掘られた形跡が確かにあることに気づき、「犬はもう死んでいるのかもしれない」と考え怖くなった。

それでも女性はあきらめず、鍬を使って土が盛り上がった部分を掘ってみることに。愛犬がまだ生きていることを願い、大きな声で名前を呼んだ。


関連記事:飼い主の「この犬は子供好き」発言を信じた女児 襲いかかられ50針縫う惨事に

 

■泥まみれで出てきた犬

しばらくすると、泥だらけの犬がショックを受けた様子で穴から飛び出してきた。このとき犬を埋めた女もそばにいたが、悪びれた様子を見せるどころか「もう私の家には近寄らせないでよね」などと怒鳴るばかりだった。

救出された犬は最悪の事態は免れたが、獣医師に診察してもらう必要があったと伝えられた。


関連記事:「犬が吠えるなら致死量のチョコ与える」 匿名の脅迫状に飼い主がショック

 

■身柄を確保された女

通報を受けた現地警察は、「確かに私が犬を生き埋めにした」と話す女を7日に逮捕。しかし女はまるで反省しておらず、事情を聞かれても「必要があればまた埋めるつもりよ」などと話しているという。

「近所の動物がうるさくて困っている」という人は決して少なくないが、警察に相談すれば、巡回中の警察官が飼い主に注意してくれることもあるそうだ。

また飼い犬の無駄吠えについて困っている人は、犬のしつけ教室に相談してみる、獣医師に話をしてアドバイスをもらうといった方法もある。飼う側も近所で暮らす人達に迷惑をかけないよう、しつけについては意識しておくほうが良い。

・合わせて読みたい→「犬が吠えるなら致死量のチョコ与える」 匿名の脅迫状に飼い主がショック

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

隣人クライシス: ご近所トラブルに潜む知られざる実体【Amazonでチェック】

話題鳴き声生き埋め隣人トラブル翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング