内田理央、『風間公親‐教場0‐』第1話に出演 主演・木村拓哉と初共演へ

4月10日開始、『風間公親‐教場0‐』。内田理央は、サングラスにマスクのミステリアスな女性を熱演。

2023/03/20 04:00


風間公親‐教場0‐

4月10日放送開始となる、木村拓哉主演のフジテレビ開局65周年特別企画『風間公親‐教場0‐』第1話ゲストに、女優・内田理央の出演が決定した。


 


 

■サングラスにマスクの謎の女性

今回内田が演じるのは謎の女性・日中弓(ひなか・ゆみ)。弓はある夜、ホストクラブのオーナーの芦沢健太郎(あしざわ・けんたろう/久保田悠来)とタクシーに乗り込む。

移動中芦沢は弓に、「俺の旅の記録だ」とタブレットの画面を見せるも、その画面をみた弓は血相を変える。

そんな中、タクシーが急停止。「急に飛び出しきた猫をひいてしまったかもしれない」とタクシー運転手が慌てて車から降りて出ていく。

タクシー運転手が車内に戻ってくると、弓は寝てしまっている芹沢を指定した場所まで送り届けるよう指示して、車から降りていく。

指示された場所で芦沢を下ろそうとしたとき、タクシー運転手は芦沢が胸にナイフが刺さって死んでいることに気付く。ナイフは芦沢の指紋がついており、芦沢がポケットに忍ばせていたものだった…。

一緒に乗っていた弓はサングラスにマスクをしており、身元がわかる手がかりを残していない。


関連記事:木村拓哉、待機中に「思わず足が」 リズムを刻んでしまったロックバンドは…

 

 

■月9ドラマに5年ぶり出演

内田は、2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で主人公の幼馴染・ちず役で人気を博し、同作で第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞を受賞。

現在放送中の『来世ではちゃんとします3』(テレビ東京)では“赤裸々エロラブコメディ”という作品性や登場人物のキャラクター性が話題になり、シーズン3まで続く大人気シリーズとなっている。

内田のフジテレビ連続ドラマへの出演は『レンアイ漫画家』以来、2年ぶり。月9ドラマへの出演は、自身の月9初出演作となった『海月姫』以来5年ぶり。また、主演の木村とは今作で初共演となる。


関連記事:木村拓哉、待機中に「思わず足が」 リズムを刻んでしまったロックバンドは…

 

 

■警察小説の新境地、原作『教場』

同ドラマの原作は、「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を総ざらいした長岡弘樹の『教場』(小学館)シリーズ。

警察小説の新境地としてシリーズ累計130万部突破のベストセラーとなっており、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品。記念すべき第1話のゲストとして登場する内田にも注目だ。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■「風間教場」の先へとつながる線
内田理央木村拓哉タブレットナイフ警察学校久保田悠来風間公親‐教場0‐第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞月9ドラマこのミステリーがすごい!刑事指導官
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ