ロバート馬場の「鶏丼」が簡単で絶品 ご飯が進みまくって止まらない

毎日食べたくなるやみつき丼。ロバート馬場の人気レシピを試してみた。

2023/04/03 14:20


鶏丼

この春から一人暮らしをスタートし、料理を始めたという人も多いのではないだろうか。できるだけ簡単にでき、絶対においしいレシピは強い味方だ。

料理好き芸人として有名なロバート・馬場裕之のYouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba’s Kitchen』では、誰でもおいしくできる簡単レシピを多数投稿している。今回は、その中でも馬場が「失敗しない調理法」と語っていた「鶏丼」を実際に作ってみた。


画像をもっと見る

 


 

■身近な調味料ばかりなのがうれしい

鶏丼・材料

材料は鶏もも肉、玉ねぎ、小ねぎ、ご飯、炒りごま、塩、にんにく(チューブでもOK)、酢、醤油、酒、ごま油、片栗粉。調味料は少々多めだが、すべて身近なものばかりなので、このために買い足す必要はなさそう。

鶏丼・調味料

慌てず手際よく調理を進めるために、始めに合わせ調味料を作っておこう。すりおろしたにんにく、お酢小さじ2、醤油、酒を各小さじ1、水小さじ2を混ぜ合わせるだけだ。


関連記事:和田明日香さん「ちくチリ」が衝撃的なおいしさ 時短かつ安い最高のおかずかも…

 

 

■鶏もも肉はこんがり焼こう

鶏丼・フライパン

フライパンに火をつける前に、一口大に切った鶏もも肉200gを皮目から並べ、1cm幅にカットした150gの玉ねぎも加える。油は使わず、強火で熱して、鶏皮の脂で玉ねぎを炒めるイメージ。

塩少々を振って軽く下味をつけ、フライパンが温まったら中火に。鶏もも肉は、少し焦げているくらいがおいしいらしい。

鶏丼・加熱

あらかじめ作っておいた合わせ調味料に片栗粉ふたつかみを加え、フライパンに流し入れる。片栗粉を入れることで、とろみをつけていく。

鶏丼・炒め中

ダマが多い場合は、水を少し足してお好みのとろみに調整しよう。仕上げに火を止めて、ごま油少々を回し入れる。


関連記事:中華の鉄人・陳建一さん「自宅で作る麻婆豆腐」が最高 これはガチでハマる

 

 

■ご飯は多めに盛っておいてもいいかも

鶏丼

器にご飯を盛り、具材を乗せる。調理ハサミで小口切りにした小ネギと炒りごまをトッピングしてでき上がり。確実にご飯が進みそうな香りなので、ご飯は多めに盛っておいてもいいかもしれない。


関連記事:はらぺこグリズリーさんの「極上の唐揚げ」が尋常じゃないウマさ これスゴい

 

 

■簡単なのにまるでお店の味

鶏丼・実食

香ばしく焼いた鶏もも肉と玉ねぎ、合わせ調味料が絶妙なバランスで、ご飯が止まらない。片栗粉のとろみがすべてをちょうど良い具合にまとめてくれる。お酢とごま油、にんにくの組み合わせだからか、どこか中華のような味わいも。10分ちょっとでできた味とは思えない。

そして、見た目よりあっさりしているので、いくらでもモリモリ食べられるのがうれしい。動画のタイトルに「食べた翌日も食べたくなる」とあるが、これがそのポイントなのかもしれない。

・合わせて読みたい→はらぺこグリズリーさんの「極上の唐揚げ」が尋常じゃないウマさ これスゴい

(取材・文/Sirabee 編集部・蔵永ゆうこ

ロバート馬場ちゃんのキッチンmemo いつもの料理が“パっと"おいしくなる魔法【Amazonでチェック】

レシピamazonロバート簡単レシピ馬場ごはんロバート馬場馬場鶏丼Baba’s Kitchen
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ