大谷翔平選手を襲った打撃妨害 「大谷選手卑怯になった」「嫌い」と一部で勘違いの声も…

ヤンキース戦に出場した大谷翔平選手が「打撃妨害」に見舞われた。ネットでは打撃妨害急増の原因を探る声の一方でとある「勘違い」も…。

2023/04/20 05:15


大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が19日(現地時間18日)、ニューヨーク・ヤンキース戦に2番DHで先発出場。第3打席に「打撃妨害」で出塁するシーンがあり、ツイッター上で一時「打撃妨害」がトレンドワードになった。

【話題の動画】元プロ野球審判員が解説する「打撃妨害」の知られざるルール


 


 

■ミットに触れ不完全なスイングに…

第1打席は先制点となる見事なツーランホームラン、第2打席は空振り三振に終わっていた大谷選手。

5回の第3打席、ヤンキースの3番手・マリナッシオ投手の投じた4球目をスイングすると、打球は3塁方向のフライに。その瞬間、大谷選手はバットがキャッチャーミットに触れたことをアピール。即座に審判はキャッチャーの「打撃妨害」と宣告し、大谷はキャッチャーをとがめる様子もなく笑顔を浮かべたまま1塁に出塁した。


関連記事:太田光、大谷翔平選手の打撃フォームに衝撃 「俺が習った打ち方と違う…」

 

 

■その3日前にも「打撃妨害」

16日(現地時間15日)に行われた対ボストン・レッドソックス戦でも「打撃妨害」に関するワンシーンがあった。この日3番指名打者で先発出場した大谷選手は2回の第2打席、スイングしたバットがキャッチャーミットに触れる打撃妨害で出塁している。

その後第3打席では一時決勝打となるタイムリーヒットを放つも、8回にエンゼルスリリーフ陣がレッドソックス打線につかまり逆転負け。

…ちなみにこの逆転シーンのきっかけになってしまったのも「打撃妨害」で、この回エンゼルスのタイス捕手は1イニングに2回打撃妨害を犯すという不運に見舞われている。


関連記事:GG佐藤、大谷翔平選手の2本塁打6打点に唖然 「一人で15人分くらい…」

 

 

■「選択権が発生」

大谷選手の出場試合で偶然連発してしまった「打撃妨害」。これについて元プロ野球審判員の坂井遼太郎氏は、17日に更新した自身のYouTubeで詳しくルールについて解説している。

同氏は「たとえ空振りしても、(スイングした)バットがミットに当たったら妨害が成立する」という基本ルールの他、「じつは打撃妨害のあった際は、プレイも続けられる。プレイを生かすのか、打撃妨害をとるのか。その選択権が発生します」と、打撃妨害発生直後に長打を放った際などのケースを紹介。ファンから「わかりやすい」と反響が上っていた。


関連記事:大谷翔平、亀梨和也との知られざる関係 「性格の共通点」を指摘する声も…

 

 

■一部で大谷選手を批判する声も…

この一週間で突如ネット上を騒がせた「打撃妨害」。ツイッターでは、「打撃妨害多すぎん?」「今季長めにしたバットも影響している」「ピッチクロックのせい?」と状況分析する野球ファンたちの声が数多く上っている。

一方で、妨害されたのは大谷選手側だが、それを取り違えてしまったのか「大谷選手卑怯になった…?」「大谷さんその打撃妨害きらい。やめて」というコメントも散見されている。

単行本『SHO-TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』【amazon】

次ページ
■元プロ野球審判員・坂井氏が解説する「打撃妨害」
野球大谷翔平エンゼルス打撃妨害
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ