上原浩治氏、ボストンで飾られた“見覚えある”雑誌を発見 表紙にいた元野球選手は…

アメリカ・ボストンに滞在していた上原浩治氏が、あの元野球選手の“見覚えのあるフォーム”が掲載された雑誌の表紙を発見。ファンからは「格好いい」の声が。

2023/04/21 14:30

上原浩治

元プロ野球選手・上原浩治氏が21日、公式インスタグラムを更新。アメリカ・ボストンのフェンウェイ・パークに展示されていた、あの元野球選手の“見覚えのあるフォーム”の雑誌の表紙を紹介した。

【画像】上原氏が発見した表紙



 

■「見たことある投球フォーム」

ボストン・レッドソックスが2013年にワールドシリーズを制覇したときの胴上げ投手として、優勝から10年の記念セレモニーに招かれてボストンに滞在していた上原氏。

本拠地フェンウェイ・パーク内に展示されていたものに目を留め、「何か見たことある投球フォームだな、って…。球場に飾ってありましたよ!」と写真を投稿した。画像を見ると、2007年から2012年までレッドソックスに在籍していた松坂大輔氏が表紙になった『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙が展示されている。


関連記事:上原浩治氏、イチロー氏との対戦で後悔したこと告白 サインに従わず…

 

■日本人選手は8人

『スポーツ・イラストレイテッド』は1954年に創刊されたアメリカのスポーツ誌。

日本人のプロ野球選手では、これまでに松坂氏のほか、王貞治氏、渡辺久信氏、野茂英雄氏、イチロー氏、福留孝介氏、田中将大投手、大谷翔平選手が表紙に登場している。松坂氏は、レッドソックスへの移籍1年目のシーズンが開幕する2007年3月26日号で表紙を飾っていた。


関連記事:上原浩治氏、アメリカ球場で大谷翔平・吉田正尚ファンを目撃 現地に訪れ…

 

■「角度が格好いい」の声

上原氏が投稿した画像に、ファンからは「振りかぶった腕の角度が格好いい」「ワインドアップって格好いいな~」「この振りかぶる松坂投手憧れました」との声が。

上原氏は、松坂氏と入れ違いになる形で2013年からレッドソックスでプレーしていたことから、「上原さんとの投手リレー、見たかったっす!」と残念がる人も見受けられた。

上原浩治『OVER - 結果と向き合う勇気 -』【Amazonでチェック】

次ページ
■上原氏が発見した表紙
上原浩治インスタグラム松坂大輔表紙ボストン・レッドソックスフェンウェイ・パークスポーツ・イラストレイテッド
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング