古田敦也氏、登板時“最も人格が豹変する投手”を告白 「急に輩に…」

古田敦也氏がプロ・アマの捕手人生で最も「マウンドで人格が豹変する投手」を語り…。

2023/05/20 08:20

古田敦也

元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏が自身のYouTube「フルタの方程式」で、これまでの捕手人生で最も「マウンドで人間が変わった投手」を語った。


【動画】古田敦也氏がプロ・アマの捕手人生で最も「豹変する投手」を語る



 

■元西武・石井氏が出演

元西武ライオンズ・石井丈裕氏、元東京ヤクルトスワローズ・川崎憲次郎氏、元読売ジャイアンツ・岡島秀樹氏が出演した今回の動画。

古田氏は石井氏を「僕の1つ上」「石井丈裕と言ったらソウルオリンピックのエースですからね。野茂とか潮崎とかのちに言われますけど、僕は断言します。エースは石井さんです」と紹介する。

2人はバッテリーを組んだソウル五輪の決勝を振り返り、石井氏が「ティノ・マルティネス(元ヤンキース他)1人にやられた」と回想。古田氏も「あそこに勝っていたら金メダルだから、われわれの人生が変わっていた」と振り返った。


関連記事:古田敦也氏、大谷翔平の新たな対戦相手と2ショット公開 “デカさ”にファンも驚き

 

■古田氏が語る「マウンドで豹変する投手」

古田氏は「僕、キャッチャーをやっているじゃないですか。いろんなピッチャーを受けてきました、プロ・アマ問わず。いろんな性格があるじゃないですか、 優しい人もいれば すごく強気な、勝ち気な人もいっぱいおって」と話す。

続けて「ただ、たまにですよ。 普段とマウンドに上がってすごい豹変するやつがいるんですよ。人間が変わる。これだけたくさんの人を受けてきて、1番人間が変わるのはこの人(石井氏)です」と笑う。

さらに「この人がナンバーワン」「今はニコニコしゃべっているけど、マウンドに上がったら誰の言うことも聞かないし、放送禁止用語を言うような」と語った。


 

■急に輩に…

川崎氏が「社会人時代からですか?」と驚くと、石井氏は「社会人のときからそうでしたね。よく言われましたね。やっぱり自分自身が アグレッシブに行かないと、結果を出せないと思っていて」と説明。

続けて「結局アマチュアのときにアグレッシブに行くようになって、それがいい方向に向いたので、そのままずっと行っちゃいましたね」と苦笑いを浮かべる。

古田氏は「急に輩に変身する。吉井(現ロッテ監督)とかもそういうところがあるねん。でも全然上」「マウンドに行っても見てるだけ。コーチが来てもすごい怒っていて。丈さんがナンバーワン」と話すと、石井氏は「そんなことはないでしょ」と否定していた。

【Amazonタイムセール祭り開催中】「ポイントアップキャンペーン」同時開催! 6/4(日)まで  詳細はこちら

次ページ
■古田氏と石井氏が動画で過去を振り返る
野球投手捕手古田敦也ソウルオリンピック石井丈裕川崎憲次郎
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング